2012年9月17日 (月)

アベンジャーズ3D.....^^;

久々に3D映画観ました.....^^;
アベンジャーズ......

12091601

まぁ、アクション的なものをメインで見る私ですので、それなりに楽しめました.....
しかし、ハリウッド映画で、宇宙からやってくる方々の乗り物って、どうしてどのような映画でも、ああいう動き=ぐにゃぐにゃ、うねうね....=をするものが出てくるんだろう.....
やはり、西洋的には空飛ぶ巨大怪物の典型がドラゴン!ということのイメージからなんだろうか.....

アベンジャーズの個々の面々の物語と言うかマーベル読んでないので^^;そこも知りたいな!と思いました。
そしてホークアイ役のジェレミー・レナー主演のボーン・レガシーも観たいなぁ....と。
久々の映画でしたが、実は観たい映画が一杯あって.....困った困った^^;V

来年の、スター・トレックも期待してます^^;V

サッカーから離れての休日でした^^;


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 9日 (月)

またまた一休み....で、映画『岳』.....^^;

全然勝てないフロンタです....><
まぁ、今年は揮!ということで....頑張って、後押しして行きたいと思います!^^;
まぁ、選手同様、気持ちの切り替えも必要なわけで、イライラした気分をちょっと休める事も必要かと.....

で、思いっきり滅入った気分を一新するために、映画『岳』を観てきました!
普段漫画は読まないのですが、『岳』だけは、ある時大人買い、して以来、単行本で読み続けています!
ただ今14巻目でございます!

110508_01

小栗旬!結構『三歩』な感じでした!まぁ、ちょっと美形過ぎます!けど^^;
期待の長澤まさみ、も頑張っておりました。えぇ、ちょっと足長すぎですけど!^^;

で、何がビックリした、感動したかって言うと.....
途中の場面で.....
な、な、なんと!あの、


平山ユージ!!!!!!!!


が出ているんです!
しかもセリフ付き!しかも2言も!

この方は知る人ぞ知る!ですが^^;
私にとってのある分野での、超スーパーヒーローでございます!
どれぐらいヒーロー!かと言うと、

そうですねぇ、サッカーで言えば.......

フロンターレの全選手、全スタッフ、関係者への尊敬、愛情、すべてひっくるめたのに、さらに+α!な^^;!
と言えば良いでしょうか?^^;

と言う訳で、思わず上映中に『お、おおおぉ~.....』と声を上げてしまいました!
ここが一番ツボだった....という訳ではありませんが^^;、ちょっと普通では考えられない場面での大盛り上がりでした。

あっ、映画はもちろんなかなかのものでした。
山好きの方には、それなりにお勧めです。
北アルプスの物語なのに、八方や八ヶ岳が出てくるのは、まぁ、ご愛嬌!ということで^^;

で、映画の後は、すぐに影響を受ける精神構造なもので......山道具屋へ!
色々綺麗なのが一杯ありましたが、まぁ、ほとんど揃っているし、満足しているので、欲しいものはなかったのですけど.....^^;

と言うことで、すっかりリフレッシュ出来ました。
これで、1週間乗り切ってカシマ戦に突入です!

読んで頂き、有難うございました。

頑張れ!ニッポン!頑張ろう!東北!
きっと大丈夫!、うん、きっと復興する!

Photo
↑作者の方に許可を頂きました!有難うございました。一緒に頑張りましょう!↑

Ban_gien_2011jishin_w220

↑↑↑フロンターレ公式バナー↑↑↑

J.B.Antennaさっかりんにほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

『パリより愛をこめて』ブロガー試写会に行ってきました.....^^;

久方ぶりに試写会に当選しました!
で、そのお題は.....?

『パリより愛をこめて』

題名だけだと、なんだか、ロマンス!っぽい感じですが、
実際は、いえいえ!違います。
私がロマンスぽいのを見るわけ無いじゃないですか^^;
(そんなことはないです、正直なところ、メグ・ライアンのは結構見てます^^;)

原案リュック・ベッソンですから!
まぁ、監督が違うので、スピード感は若干違いますが^^;
あのトラボルタが、そのちょっと太った^^;とは言え、迫力のアクション!ですから!
相方は、特殊任務に憧れるも、ちょっと貧弱な大使館員をジョナサン・リース・マイヤーズ
(結構映画に出ています)が演じ、トラボルタ演じるマックスとともに、テロを阻止する!というお話です。
訳も分からずに振り回されて行きながら、幾多の挫折を乗り越えて?....段々と成長していく!という成長物語です。

トラナンスポーター風のデッドヒートあり(運転手は完全にわき役ですが、彼の運転は、ジェイソン・ステイサムなみのテクニックでございました!)、弾丸撃ち放題あり!(ちょっと血しぶき、多いですので、ご注意を!)と、アクションの醍醐味を詰め込んであります。
映画そのものは96分くらいなので、最近の2時間を超えるものに比べると短めですが、まぁ、この映画はこれくらいでちょうど良いように思いました。
2時間掛けると冗長になりそうな感じもしました。

1ケ所、展開に無理があると言うか、未だに謎の部分があるのですが、その内WEBでどなたかがきっと!解説して頂く!と思いますので^^;、サーチしてみようと思います。
アクション好きなら、まぁ見ても損はないと思います。
(他のリュック・ベッソン関連アクション作品よりは、若干劣るかな?とは思いますけど....^^;)

試写会の会場は一ツ橋ホールで800人くらい入るところでしたので、これまで行った小さな会場とは比べ物にならない大きさでした。
でも、試写会=タダで見れる!という雰囲気で、開演前のおしゃべりの声の大きいこと!
映画本篇が終わってクレジットが出たとたんにそのおしゃべりがまたまた始まり.....
クレジットまでしっかり楽しみたい私としては、ちょっと残念でした。
試写会に当たったという幸運を感謝するという部分には、相当欠けた人も多いのかなぁ....
と映画とは関係の無い部分で残念な気持ちになってしまったのは事実です。

このコマネタでの招待は10組以下でしょうから、いろんなところでの試写会当選者かとは思うのですが、映画好き!だけではないのかもしれませんね。

まぁ、それを除いては、それなりに満足な試写会でした。

コマネタさん、有難うございました。
また、当てて下さいね、よろしくお願い致します!^^;V

ブログネタ: 『パリより愛をこめて』ブロガー試写会レビュー参加数拍手

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010年1月 7日 (木)

AVATAR.....^^;

昨年末のことで恐縮ですが、AVATARを見てきました。
年末の忙しい時に20時30分からという遅い時間だったこともあり、
3D映画館までわざわざ出かけて.....^^;
でもでも、3Dは300円高いです^^;

Avatar01












で、最初は3Dと言ってもどれだけ2Dと違うのかな?
と思っていたのですが、
その奥行き感は、シーンによっては相当な違いがあるように感じました。
全部が3Dの特性を活かしきっているか?
と言うと、そうでもなさそうですが.....
でも、3Dはこれから増えていくように思います。
私はメガネ使用者ですので、3D用のメガネを上から掛けるので、なかなか見づらい^^;んですけどね......

さて、映画は.....
同じく年末にDVDレンタルで見た「ターミネーター4」のマーカス・ライト役で出演していたサム・ワーシントンが主演、
それに、あのエイリアン(&エイリアン2,3,4)主演のシガニー・ウィーバー!、
生のご尊顔を拝めませんが、ゾーイ・サルダナ=昨年公開し(やっぱり、見に行ってしまっ)た『スター・トレック』のウフーラ役!(「パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち」の女海賊アナマリア役でも、あったらしい......^^;→これは、見ていません....--;)
などなど.....
と.....若手とベテラン^^;の組合せで、シガニー・ウィーバーは流石に走り回りはしませんでしたが....^^;、楽しい場面もあり、激しい場面もあり、悲しい場面もあり.......
まぁ、てんこ盛り!でした。

Avatar_mt













全編CG!ですが、モーションなんたら^^;(正しくはモーション・キャプチャー!)で、実際に役者さん達が演技した動きをそのまま取り込んでいるようで、顔の表情も、同様のドットなんたら^^;(正確には、エモーション・キャプチャー、と言うらしい!)で実際の表情をとりこんでいてるとのことで、なかなかの出来栄えかと^^;

この手の映画(SF+アクション)に弱い私はいたく感動しました。

剱岳 点の記 も、素晴らしい映像で(内容はともかくとして^^;)良かったですが、両極端の作りの映画がある!ってことも一観客としては幸せなことだと思っています。

今度は近くの2Dを見に行こうかな^^;V


↑フロンタとは関係ないけど、
 とりあえず^^;↓

J.B.Antennaさっかりんにほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月27日 (木)

パニッシャー:ウォー・ゾーンの試写会

こうばちょうの言う通り、今朝は、爽やかな素晴らしい秋晴れ!ですねぇ^^;
この夏は、入道雲が湧き上がる夏の空はほとんど見られず、なんだかどんよりとした夏で終わってしまったようです><

そんな夏空と、磐田戦の敗戦気分を吹き飛ばすべく、
『パニッシャー:ウォー・ゾーン』のブルーレイ&DVD発売記念の試写会に行ってきました。
ブロガー対象だったので、見せて頂いたので書かざるを得ません^^;
忘れないうちに......

ふかふかの座席42席+パイプ椅子8席に、合わせて13名の観客?^^;V
ブルーレイをそのまま投影していたようです。
字幕部分が若干走査線が見えている!というかんじですが、でも、まぁ、あれだけの大画面に投影=もちろん、プロジェクターが優秀なんでしょうけど^^;、出来るんですから大したものです!

内容は、アメリカンコミックの代表的存在らしい、マーベラスコミックの大人版のマーベラスナイツ(Marveral Knights)に好評!連載中?の『パニッシャー』を忠実に再現したものらしいです。

パニッシャー=私刑人

法で裁かれない連中をやっつける!

と言えば痛快もの!と思ったのですが、映画そのものは、結構ヘビーデューティ^^;でした。

R-15ということでしたが、私にはそれ以上の刺激ーー;を感じました。
アメリカ映画のratingでは、殺掠場面よりは性描写の方が厳しいようですので、これでも、R-15なんでしょうね。
アメリカの餓鬼はこんなの見てるんだなぁ!と変な感慨^^;

まぁ、コミックに忠実!ということから、コミックが●×なんだと思う事にしました。
日本の漫画、アニメは結構メッセージ性が強いですので、そういう点の波長が合えば凄く楽しめます。
でも、この映画、と言うかコミックは、会話も薄っぺらいし、一体何人殺した?ってくらいですし、それなりに血の場面も多く、心臓にはよくない映画である事は間違いなさそうです。
ブルーレイやDVDを買われる方は、そこそこの心臓の持ち主!^^;である方が良さそうですよ!
私は何回、飛び上った事か.......

痛快!というよりは、見終わって疲れたと言うか後悔したというか......
高々コミックですが、アメリカの心の闇を垣間見た気がしました......
映画というよりは原作ってことでしょうかね?
磐田戦の敗戦気分がさらに落ち込んでしまった私でした><

ということで、折角試写会に当たったのですが、どうにも、しんどい映画でした。
ソニーさん、どうも、すんませんm(_ _)m
次は楽しそうな映画に応募しますので、ココログさんもソニーさんも、よろしくお願い致します!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月20日 (木)

パニッシャー:ウォー・ゾーンの試写会に当たった......^^;

こんなのの試写会に当たりました。


磐田戦を払拭して、山形戦に備えるため、こんな映画でも見て気持ちを入れ替えてきます。

ただし、

入れ込み過ぎないように!
要注意!

ですけどね^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月 3日 (月)

試合を離れて.....『剱岳 点の記』

瓦斯戦の前に、ちょっと買いたいものがあったので、渋谷に!
今回はしばし試合から外れて、2週間もの短期中断期間、フロンタネタの少ない事のお茶を濁そう!という魂胆です^^;V
買ったものについては、また書きます(トレーニングに関連)^^;→あっ、いや、これもその魂胆の一つです^^;

で、前から見よう見ようと思っていた映画、『剱岳 点の記』を見てきました。
8月1日だったので、映画の日で1,000円なり!

090801_0









仕事で三角測量をやったこともありましたので、昔の測量がどんなものなのか?それも楽しみの一つでした。

かつての陸軍参謀本部陸地測量部の『点の記』ってのは3等までで、4等の剱岳には『点の記』が無いのです。
それで、新田次郎が、推察から剱岳の『点の記』を書いた、というわけです。

新田次郎の原作から、全く異なる部分もあり、原作の収集された各種資料、推測された『事実』と思われる創造を坦々と記述することで、忍耐という感動を共有する、という原作の物語とは異なる映画となっています。
映画は感動させなくてはいけない、と思われたのか、無理やり感動を挿入する場面もあり.......
でも、淡々とした、しかし、厳しい自然の風雪、岩稜、雲とあかね空、などなど.....を積み重ねる.....
そういう素晴らしい映像には感じ入りました。
役者さんも頑張っていましたし、いい味出してました。

ということで、☆3つ!というところでしょうか?
自然の映像を見る!には良い映画だと思います。
原作との違いが気になる人はしんどいかもしれません。
私は、映画そのもの<原作、でした

クレジットは、本編では『仲間』とだけあり、担当などを記載しないもので、それはよかったように思います。
実は、私の知り合いが、その『仲間』に参加していて、クレジットに見つけるのも楽しみでした。
(医療サポートに入っていて、スタップ、役者さんと小屋で雑魚寝で過ごしたそうです)

今年はこの映画のおかげで、人出が多そうですので、登るのは来年にします^^;

で、この後、渋谷から東横線で小杉に向かったのですが、乗った急行で、目の前に座っていた女性は、あのファイフロの前座番組キクマリのMCさんでした。
本物の方がTVより、かわいいように思いました^^;失礼m(_ _)m

士!

走れ!走れ!走れ!走りなさい!

最初から!死ぬ気で走れ!走り負けるな!走りなさい!』 

れ、! 

2009年シーズン絶対残留!あと勝点

Mind ONE STEP

05s01

With Supporters!!!!! & Mind-1!!!!!

それでも、それでも、やっぱり若手頑張れ!めげるな!ギラギラと!

J.B.Antennaさっかりんにほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月31日 (日)

見てまいりました!!!!!

フロンタではありません!あしからずm(_ _)m

STAR TREK!!!!! レイトショーでした。
劇場公開は、29日(金)だとか。
で、土曜はレイトショー!というわけです。
webで見ていて、急に見たくなったので、見てまいりました。

Star_trek_s01_2













その感想はぁ......

面白いです!!!!!!楽しめます!!!!!!

ほぼ2時間全編楽しんできました!!!!!
まぁ、多少のいつもの大いなる矛盾!、多少のこの場面必要?なんてのもありますが、そこが、そのSTAR TREKの大いなる世界ですもん!!!!!
まぁ、SF好き、アクション好きの私ですから、当然なんですけどね^^;
それにしても、久々に、ヒットです!!!!!

若きジム・T・カークとスポック、そしてU.S.S.エンタープライズのクルー=若き日のドクター・マッコイ、ウフーラ、チェコフ、.......スールー(ここがちょっと判らんかったです、Mr.カトー!ではないのか?)、そしてスコット.....

スポックの母親役には、あの、ウィノナ・ライダー(ええっ、もう結構な年なんですねぇ.....エイリアンの時のあの若さ.....^^;)、そして、そして、な、なんと、レナード・ニモイまで!!!!!(ええ、もちろん、年寄です!白髪のバルカン人^^;)

TVシリーズの前の時代を繋ぐ!というよりも、こんな物語があったんじゃ!皆さん、どう?という世界です。
やっぱり、年とってきたクルーが出て頑張っていた映画作品は、さすがに悲しいものがありましたもんねぇ.....

4年で仕官、8年でキャプテンになれる!と煽られたカーク。
3年で仕官になってやると意気込むカーク!
しかし、しかし、
この映画で語られる、ロミュラン星人との時空を超えた闘いを経て、3年でキャプテンに!
しかも、惑星連邦が誇る最新鋭艦U.S.S.エンタープライズのキャプテン......

そのU.S.S.エンタープライズのワープ出力の大幅に向上させ、それまで出来なかった複数の場所からの転送を可能にしたのは、かのスコット。そのスコットとの出会いもまぁ、荒唐無稽です!はいっ!

スコッティと言えば、皆さん、覚えてますか?
かの鯨の物語。
過去の地球に向かったスコットが、そこで見つけたマッキントッシュSE30(SE30にはマッキントッシュと呼ぶのが似合います!マックとは呼べ無いですな^^;)に、『ハロー』と呼びかけ、応答が無いのに首をかしげる姿......
それで!というわけではなく、同じようにSE30に魅せられて、当時(1989年だったかな)、最安値を雑誌で!(WEBではなくーー;)調べて、55万円!で買ってしまいました。
ああぁ、懐かしい!

閑話休題.....

その過去の物語は、(多少の矛盾と飛躍により)未来とのより強い繋がりを描いてもいます。
まぁ、SF的には時空を超えることで、すべての矛盾をクリアし、物語をより飛躍させるのは、常套手段ですしね^^;
でも、ええっ、許します

そして、あのU.S.S.エンタープライズを象徴するピコーン、ピコーン......、
転送時のあの転送音!........昔そのまま。
(フェーザーの音はスターウォーズ風ですーー;)

『宇宙は人類に残された最後のフロンティア.....』
『宇宙暦2264.04......』(あっ、これは、適当です^^;)
U.S.S.エンタープライズの全体像、そして、ワープ(しかも、その航跡は少し弧を描く......いつもは、直線なのにね^^;)
古いお方=私も!、にもちゃんと壷は押さえられています!

とにかく、楽しめる事、請け合い!です。
私は本当に楽しんできました。

もう一度見に行こうと思ってます。
早く、DVD出ないかなぁ~っ!^^;とも!

エンターテインメントご希望のあなた!
楽しみ不足のあなた!

超.お.す.す.め!です。

騙されたと思って、見てきてくださいな。
あっ、騙された!と思われても、御代はお返し出来ませんのでm(_ _)m

未だに興奮冷めやらずで、しかも、サッカー話ではなくて、すみませんでしたm(_ _)m/~
(ベルギー戦はケンゴ出るかな?ベルギーとサッカーの話はまた後ほど!)

J.B.Antennaさっかりんにほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月16日 (月)

フロスト × ニクソン

今回はフロンターレとは全く関係無い!記事(になるはず....)ですので^^;

ココログで、募集していたブロガー限定試写会!に応募したところ、当たってしまったのです。
で、行ってまいりました。
場所は、半蔵門駅から歩いて5分の『東宝東和試写室』。
どういうわけか、顔見知り、お知り合い?の方もおられるようでしたが(?)私はこういうところは初めて。
まぁ、小さな映画館^^;と思えばいいか^^;です。
座席数は35席(8席×3列+6席+5席)+予備イス5席の40席でしたが、12人位空席でした。

で、その内容は?
これは、公式サイトを見て貰った方がわかりやすいので、(このあたりはいつもの手抜きです^^;)読んでみてください。

Fn_poster_b





















ニクソン、フロストともに、嫌な人間=金が大好きなニクソン、派手な生活が好きなフロスト!というように描かれているのですが、除々に内面が出てきて、結局は人間の素の処で勝負する!ような構図として描かれています(う~ん、ちょっと良く言い過ぎかな?)。

ウォーターゲート事件、皆さんご存知ですか?
この事件により、アメリカ大統領を任期中に辞任することになった初の大統領というニクソン。しかし、その後副大統領から昇格したジョンソン大統領により、恩赦を与えられて、一切の罪に問われなかったニクソンから、謝罪の言葉を引き出したフロストのことは、全然知りませんでした^^;
かつてロス郊外に出張で行った時に、このあたりはニクソンの地盤で、結構慕われているんだ!と言うようなことを聞いた記憶がよみがえりました。

あっ、そんな話じゃなくて映画の話^^;

『国民を失望させた』(字幕)、これが謝罪に当たるのかはよく分かりませんが、アメリカ国民にとっては有意義な言葉だったのでしょうね。
日本人の私には良く分かりませんでしたが、恐らくそうなんだろうと思います。

この映画で言いたかったのは何なのだろう?

表面的には先に書いたように、
インタビュー代をせしめることに喜ぶニクソンとその金策に奔走するフロスト。
お金に翻弄される2人。
ちゃらんぽらん(に見える。が本当にそのようだ。でも、なんとsirの称号を授かっている!)フロストに、これは戦争だ!と酔っぱらったせいで鬼気迫る最後の脅しを掛けたニクソン。
それによって、本来すべきことに目覚めたフロストの大逆転!

要は、

何事も準備したものだけが、勝利する!
画龍点晴を欠く、こと無く絶えず努力する!

と言う事だったのかな?と思いました。
(うむっ、ここは、フロンターレにも通じるね^^;次に向けて総員準備と努力をせよ!ですかね?)

ただ、オバマの登場で湧いているアメリカ。
大統領とはかくも厳しいものだということを言いたいのか、こんなことになるな!という戒めか?
はたまた、
翻って日本では、何事も準備することなく、うわべの政争にのみうつつを抜かし、国民の目線を持たない一国のトップとその周辺。
あんたら、こうなるよ!という警告か?

いずれにせよ、
政治不信に走りそうになっているこの状況で、さらに政治家の失態と権力に目を奪われた人間の無残さを描いた、この映画がロードショーに出るタイミングとしては、良い状況ではないな?と思ってしまった、と言うのが正直な感想です。

もう少し、私見なので、お許し頂くとして、もっと内面が出るような構図の方が私は感動したかもしれません。
(あっ、たぶんここがピークだっ!というような場面があるのですが.....)
ひょっとすると、元の舞台では、そういう面が出ているのかもしれませんね。
「あれ(舞台)が映画になるとは思わなかった」ということのようですから。

この種の映画も、裁判映画など大好きですから、私としては嫌いではないですが、当選するなら、ただただ楽しいエンターテインメント映画の方が今回は有り難かったように思います。

でもでも、最後になりましたが、当選させていただきまして本当に有難うございました

それなりに楽しませていただきました。
ニクソンの功績=この種の事件の接尾語として「ゲート」と付けられるようになったこと!
これには、思わず笑ってしまいました。この映画の本質はここにあったのかも^^;

ちょっと毒を吐きすぎましたでしょうか?
でも、これだけ書けば、許していただけますよね?
そして、この記事がきっかけで、もう当選しない!って事無いですよね!^^;
SF、アクション系など存分にコメント致しますので、また当選させて下さいね!
今後とも、よろしくお願い致します!ココログ様、nifty様!

| | コメント (0) | トラックバック (2)