« 2024シーズン 第3節 京都戦...色んな意味で惨敗... | トップページ | W杯アジア2次予選 DPRK戦 なんとか勝利... »

2024年3月18日 (月)

2024シーズン 第4節 鹿島戦...繰り返される惨敗...

磐田戦での惨敗を受けて、一喜一憂をするのは止めようと思った私でしたが、
流石にこの鹿島戦後は、その惨敗に言葉も無く茫然自失でしたね。
選手も起き上がれないほどの惨敗だったと言う事でしょう。

さて、以下はこの厳しい状況に塩を塗り込みます(批判ではありませんよ)ので、ご注意を!^^;/
かつ長文失礼します!

この試合は、これまでの2つの惨敗以上の惨劇!だったかと思います。

磐田戦:守備の破綻もなんのその、打ち合い上等!での撃ち負け→フロンターレの攻撃を見せられたかと。
京都戦:前節の破綻守備を受けて守備修正策をとるもミスにて連敗→守備の強度は上げられたかと。
鹿島戦:何もしないで終わっていた昨年中位チームの負け試合の繰り返し。及び前節での守備強化策はどこへ行ったのでしょうか?
    何も出来ず、何もせず無策の繰り返しとメンタル破綻
    想像以上に暗澹たるチーム状況であることが明らかになった試合だったかと思います。

惨敗後、立ち上がれない選手は何を思ったのか?
・あれだけ練習したのに勝てないのか?
・何も出来なかった、何もさせて貰えなかった...
後者であれば、まだ向上できるかと思いますが、前者であれば、思い上がりも甚だしいかと。
練習で何も身に付かなかっただけです。

昨年から何の伸びもない戦術とメンタル劣化。
折角改善したと思った策が一夜漬け以外の何物でもなかった。
要は昨年から何も新たに身に付いたものが無く更なる劣化をしたチームとなってしまったんだろうなぁと感じた試合でした。

DAZNを見返してみると、
前半途中で、解説の方が、オニがヤストにビルドアップの修正を指示している、と話しているところがありました。
ロングボールの放り込みではなく、繋いで組み立てろということかと。
これ、選手がピッチ上でお相手の圧力を感じて蹴ってしまっているのを自分たちのやり方に戻そう、
ということかと思うのですが、
修正していると言えば聞こえは良いですが、オニの考えと選手の感覚がズレてきているのかもしれませんね。
まず、最初にすべきことはオニの頭の中をリフレッシュする事かと思います。

誰が出ても変わらない不安定な守備、なのに京都戦で修正出来ていたのに何故それを使わない?
ピッチで使えそうにないなら、次善の策を持っていないのか?
ほぼほぼ固定された選手による代わり映えのしない選手起用となんの効果も生み出さない交代策...><
新加入選手を腐らせるな!

このままの選手達でリーグ闘ってもほぼ結果は見えていると思います。

中盤選手を集め過ぎた弊害?もあるでしょうが、補強選手をもっと使うことで、既存選手も危機感が出ることでしょう!
選手は一杯居るはずです、そしてターンオーバーするべき試合がもうないのだから、
メンタル崩壊した昨日のメンツを総とっかえするほどの荒療治をオニが取れるか次第ですね。

それだけの選手は揃っていると思います。
が、オニがその荒治療に耐えられるか?でしょうかね?→いや!耐えろ!^^;/

そのオニ。
惨敗後インタビューでの思いがけないほどのスッキリした表情と軽い口調が気になりました。
クラブとしてはオニの後釜はまだ準備していないかもしれませんので、
オニ交代という劇薬は、効果薄いだろうし、無いのかなとは思ってますけどね。
一方で、オニの頭の中のリフレッシュが叶わないならば、
何試合が外から見せては如何?→怪我したとか、なんたらかんたらで^^;/
そのためにコーチ陣を入れ替えたのでしょ?
(周平ちゃん勝ってるぞ!^^;)
コーチ陣にも危機感と自立心を持たせては?!
その効果が今は見えません。

勝つためには何でもやらないと!
という町田の監督の最大の矢は我らがフロンターレに向けられた言葉ですよね?
パスだけ!がクローズアップされていますが、
強度に弱いこと??^^;/を少なくとも10年近くかけて築き上げてきた?!フロンターレが機軸を変える必要は無い!でしょうが、
それでも、世界のトレンドには多少敬意を払った上でのそれなりの^^;強度UPも含めて何でもやることです。
(プロフェッショナルファールでないファールも増えてるしねぇ...まぁ、893まがいの威嚇とカンフーサッカー風の体当たりは、アホみたい!なので止めてねSY君!)

自業自得とは言え、ピッチ上での、か細いけれど唯一の武器であるマルちゃんを欠く次節瓦斯戦はどうなるのでしょうかねぇ?
という心配はありますが...ゴミスも怪我...今シーズンも怪我で攻撃、守備ともに四苦八苦...><
ダイヤはシュート撃ってなんぼの選手だと思っているので、パスだのクロスだのを要求しないで前で使う!

まだまだチームとして修正点はあると思います。
気になるのは個々の選手らしさが型にはめられて?輝きを失ってます。
もっと自由にやってそれで負けるならそれも受け入れます。
自由闊達なサッカーを思い出して=何よりオニが!
そして、次節、フロンターレよりも上に居る瓦斯に勝って多少なりとも勢いを取り戻して下さい。

頑張れ!フロンターレ‼‼‼‼‼‼‼‼

読んで頂き有難うございました。

2024_s01
それにしてもNet,TVのスポーツニュース見るのがきついです^^;

さてさて、序盤とは言え、
フロンターレと他チームに大変申し訳ない言い方にはなりますので、あらかじめご謝っておきます。
ごめんんさいm(_ _;)m

混戦のJ1リーグにおいてもシーズン通して上位に行けるとは感じられないチームに惨敗しているのですから、
このままであれば、下位真っただ中!残留争いに巻き込まれかねないチームかと。

今シーズンは中位維持、その上で必ず残留、来シーズンに向けての各種構築シーズンとなっても仕方ないのではないかと思った次第です。
とは言え残留目標にすると必ず残留争いに巻き込まれるので、
もちろんもっと上に行ってほしいですが、
中位の下位、下位の上位→10位~13位くらい?には喰らいついてほしいと思います。

4試合で勝ち点3、15位。
こんな時期にまだ、そういうのは早すぎる!もっと信じろ!とお叱りはあるとは思いますが、
この4試合の結果で私が感じた危機感でした。

残り34試合。
勝点45くらいは稼いでほしいと思います。
オニやチームにはまだその力はあると思います。
あとは、繰り返しになりますが、ピッチ上での指揮官が出てきてほしいです。
切に望みます。

さてと、^^;/
「勝利のため」という理由で社会正義に反する行為を行う人を、サポーターとは認めません。

是非とも実現されますように願っております。

さっかりん 、 にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ


にほんブログ村

頑張れ!ニッポン!頑張ろう!東北!九州!北海道!
きっと大丈夫!、うん、きっと復興する!


Photo
↑ 作者の方に許可を頂きました!有難うございました。まだまだ一緒に頑張りましょう!↑
Ban_gien_2011jishin_w220
↑↑↑フロンターレ公式バナー↑↑↑

さっかりん、にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

にほんブログ村



|

« 2024シーズン 第3節 京都戦...色んな意味で惨敗... | トップページ | W杯アジア2次予選 DPRK戦 なんとか勝利... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2024シーズン 第3節 京都戦...色んな意味で惨敗... | トップページ | W杯アジア2次予選 DPRK戦 なんとか勝利... »