« 2020シーズン 19節 湘南戦....そろそろ..... | トップページ | 2020シーズン ルヴァン準決勝 瓦斯戦...う~ん... »

2020年10月 4日 (日)

2020シーズン 20節 セレッソ戦 外から、内から...

書き出したらキリがないくらい書けそうな^^;試合でした。

ちょっとした隙を突いた勝利。
それがサッカーそのものです。
全国紙に書かれていた、完全に崩されての失点ではなかったという表現は、
だからどうなのよ?と、
よく使う表現だけど、ステレオタイプ!
ちょっと選手の感じ方とは、違うんじゃないのかな、と....(上手く言えていませんm(_ _)m)。

詳細な分析は他の方のブログで...^^;/

久々に凄みを感じた試合でした。

フロンターレのポテンシャルの一端を垣間見せて貰える試合をして頂きました。
セレッソに感謝です。
有難うございました。

この試合に賭ける両チームの静かな気迫が画面越しにはっきりと感じられる試合でした。
興奮することなく、無意味な削りもなく、お互いを気遣い、
冷え切った頭で、ピッチ上、ピッチ周り、ベンチで、戦況を把握し、打開点を探す.....

観ている方はも、応援を忘れて見入ってしまうような試合でした。
もう何度見返したことでしょう。
そしてこれから、何度見直すのでしょう。

勝ち点3を得て、大きく前進しはしましたが、
まだまだ、まだまだ、沢山するべきこと、なすべきことが残っています。
一旦緊張感をほぐして、また今日から(?)、次を見据えて進んでいってほしいと思います。

さて、ここからは、ちょっと余談です^^;/
オニのコメントが全選手に向けたものであると言う事は明白で、全選手、全スタッフを鼓舞していることが伝わりますが、
ロティーナ監督の試合前、試合後のコメントも素晴らしい内容でした。
最近、相手を「心からリスペクト」するコメントをしっかり出す監督が増えてきたように感じます。

もちろん、形式、あるいは雛型に沿った?リスペクトもありますし、悔しさ前面?のコメントもあり、それぞれ味わい深いのですが、
かつて何度となく聞いたような、
相手をあからさまには侮辱しないものの、サッカーの一部である審判を含めて、批難する発言をしたり、
上手く行ったら俺のお蔭、失敗したら選手のせい、とばかりに敗因をミスした選手のせいにしたり、
というような、お相手はもちろん、自チームすらリスペクト出来ない監督「風」のも居ました。
そういう時代を経て、DAZN中継が主となってからなのかは判りませんが、
随分と冷静な落ち着いたリスペクトコメントが増えてきたように感じています。
まぁ、私の感覚ですので、実際には判りませんが^^;/
良き事です。

スポーツに政治を持ち込むな!と、人権問題をはき違えた批難をする輩も居れば、
相変わらずの差別発言....
そう言えば、例の「なりすまし」のその後はどうなったのでしょう?
「なりすまし」は止めて、その分捨てアカウントで罵詈雑言を吐いて憂さ(?なのか、なんなのか?)を晴らしているのでしょうか?

おっと、閑話休題...^^;/
対戦相手をリスペクトすればするほど、自らのポテンシャルも上がるんだ!と言う事を知る事が出来たセレッソ戦でした。

引き続き、一戦必勝、気を引き締めて、この勝利の価値を上げていきましょう!


読んで頂き有難うございました。

P.S.
実況さんが、フロンターレ川崎、と言っているように聞こえたのですが、
フロンターレ、川崎、と一拍?入っていたのかもしれませんが、ちょっと残念な気もしました.....
でも、まぁ「川崎山脈」なんてのを知ってる方だから、きっと一拍あったのでしょう^^;/
(とういうことにしておきましょう!....言ってたけど^^;/)

2020catchphrase 
で、またまた、ちょっと長い昔話を一つ!
このところ、セレッソとの相性は良くなかったのですが、
かつてはそこそこ相性の良い時代もありました。

そして、同じ長いスタジアム!と言えば.....!
2000年のファーストステージ最終戦。
セレッソが勝てば優勝!という試合で、たしか浦田の延長Vゴール(などというシステムがあったのですよ)で、
その初優勝を阻止し、マリノスに優勝をプレゼントしたのが我らがフロンターレ。

その長居スタジアムに集まったフロンターレサポはわずか数百人。
あの箱から見れば、ほんの一握り.....
アウェイゴール裏のフロンターレサポの周りは、左右、上ともにセレッソサポ....
とは言えないような、多分優勝して一緒に騒ぎたい!というような雰囲気ムンムンの一見さん多数(いや、ほぼそういう人達^^;/)。

勝利で沸き立つフロンターレサポに、決して少なくない数のビール缶が投げ込まれました!
今なら、相当な懲罰だったのでしょうが、
なんとその後も何のお咎めも無い!
と言うまだまだ未熟なJリーグ、サッカー界な時代でした。
まぁ、最下位絶賛独走中!のフロンターレなんかどうでも良かったのでしょうね>Jリーグさん!

かなり危険を感じ一緒に見ていた応援相方は、早々にレプユニを脱いでましたが、
大阪生まれの私は、そんな一見さんの顔をみて、こいつら(失礼!)面と向かっては手を出さないだろうと踏んで、新大阪駅までの地下鉄、ユニで過ごしました^^;/
地下鉄内では、憎悪!^^;/の眼で睨まれましたが....

ユニ姿のまま、新横浜に降りると、そこには優勝で喜んでいるマリサポ。
有難う!とか言われて、
いや、自分たちのためにやってるんで、君たちにお礼言われる筋合いはないよ!と思いつつ、
セカンドステージでは勝たせてもらいますので!と笑顔で返し、
実際チームも勝ってくれました!

と、そんなこともあったのよ!
という話でした。
長々、お付き合い頂き、有難うございました。


さっかりん   にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ  

頑張れ!ニッポン!頑張ろう!東北!九州!北海道!
きっと大丈夫!、うん、きっと復興する!


Photo
↑ 作者の方に許可を頂きました!有難うございました。まだまだ一緒に頑張りましょう!↑
Ban_gien_2011jishin_w220
↑↑↑フロンターレ公式バナー↑↑↑

さっかりん にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

|

« 2020シーズン 19節 湘南戦....そろそろ..... | トップページ | 2020シーズン ルヴァン準決勝 瓦斯戦...う~ん... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020シーズン 19節 湘南戦....そろそろ..... | トップページ | 2020シーズン ルヴァン準決勝 瓦斯戦...う~ん... »