« 2020シーズン 18節 横浜FC戦 策にはまる...?! | トップページ | 2020シーズン 20節 セレッソ戦 外から、内から... »

2020年9月28日 (月)

2020シーズン 19節 湘南戦....そろそろ.....

連戦の影響が出てきましたか?
基本的な技術部分をこの1週間で再度確認、再構築する必要がある!
と思えるほどに、ミスが多かった試合でした。
とは言え、1点を守り切ったことは今後に繋がると思っています。

後半に入って、お相手のチームのスカウティングが徹底されてきたことが、横浜FC含め、この2試合で明白になってきました。

*フロンターレの強みを知って対応する:「人が変わっても同じようなサッカーが出来る」
選手の組み合わせに対して、その時の最大公約数的なパターンが出来つつあり、そこを把握されている。

予測不能?^^;/の可能性は、アキ君くらいかな?
ユウ君は読まれても裏を突ける技量は健在。

それに比べて若手は流石にパターンが少ない。
カオル、レオの又抜きシュート、パスはほぼ読まれて対応されています。
得意な動きは素晴らしいが、かなり読まれているので対応可能とされている感が強いです。
彼らに必要なのは、更なるクイックネス!

*フロンターレの弱みを突く:「ハイプレスの裏のスペースを使う」
今のところ?CBの二人の走力とSBの戻りでなんとか出来ていますが、
若いお相手チーム、走ることを厭わないチームにはそこを突かれて守備がバタバタしてしまっています。
一時期はパス優位で走らなくてもサッカー出来る、ような風潮もありましたが、
フロンターレですら?!^^;/、走りきれる選手が重要になっています。
今のサッカーは走るのが当たり前で、走力を前面に押し出してくるチームは益々増えています。
これからも走るお相手にどう対処するかは大きな課題です。

加えて、4のところに2チーム作れていない現状が、一番の不安材料です。

連戦で戦術練習はなかなか出来なかったことでしょう?
鳥かごがせいぜいだったのかもしれませんが、
この1週間を、頭も、身体も、そして心も、しっかり基礎に戻って再調整!
そして、お相手にとっては新たな予測不能環境、自らにとっては当たり前の動きを取り戻してほしいと願っています!

読んで頂き有難うございました。

2020catchphrase 
雨の中、スリーッピーなピッチ、そんな条件だからこそ、基礎技術が生きる。
だからこそ、なおのことこの試合のミスが何を意味するか、見直してね。
オニ、コーチは引き出しを開けさせて!

さっかりん   にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ  

頑張れ!ニッポン!頑張ろう!東北!九州!北海道!
きっと大丈夫!、うん、きっと復興する!
Photo
↑ 作者の方に許可を頂きました!有難うございました。まだまだ一緒に頑張りましょう!↑
Ban_gien_2011jishin_w220
↑↑↑フロンターレ公式バナー↑↑↑

さっかりん にほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

|

« 2020シーズン 18節 横浜FC戦 策にはまる...?! | トップページ | 2020シーズン 20節 セレッソ戦 外から、内から... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 2020シーズン 18節 横浜FC戦 策にはまる...?! | トップページ | 2020シーズン 20節 セレッソ戦 外から、内から... »