« 党首討論会......ヤジの嵐......--; | トップページ | ノルディック・トゥリー.........フィンランド音楽 »

2009年5月28日 (木)

代表戦.......

あっ、党の代表戦ではなく.....^^;

今朝のNHKでは、解説者が、ベストメンバーで無かった怪我の功名!とまた、オヤジギャグをキーワードにしてましたが.....

監督が決めた布陣がベストメンバーでしょうが(あの監督は2軍と思っているかもしれませんけど?)、これが、怪我、体調不良、その他で、これまでスタメンを占めていた選手が出ていたとして、昨日のような試合ができたかどうか?は、まぁ、神ならぬ身!判りませんが.......
少なくとも、これまでの頑固メガネの采配した試合の中では、一番面白かったように感じました。
(まぁ、チリも若手中心なのか?プレスや、足元の技術は素晴らしいけど、クロスの精度とか、最後のところの詰めの甘さ、みたいなものが目に付き、どこの国も一緒なのか?と思ったのは内緒です^^;)
いわゆる主力組が出るかもしれないベルギー戦はどうなるのか注目したいと思います。

ある意味、ガツガツというか、どんどん前に来てくれるチームの方が与し易し!で、引いた相手にはダメなのかもなぁ.......と思えるチームでした。
おっ、どこかのJチームにそっくりですねぇ^^;V

もし、そうなら、アジアでの戦いは全く別の試合になるのでしょうし、そこを勝ち抜けば、世界ランキング上位から見れば新参者の日本は、意外と通用するのかもしれませんね。
研究される前に試合してしまえるのですから。いや、本番では研究されてくるでしょうし、試合の中で修正出来るのが世界のチームですから、やはり、そう簡単にはいかないでしょうけど^^;

ケンゴは若い連中と組んだ方がやっぱり良い感じです。
まぁ、どうせ、主力組が戻ってきたら出られないんだろうけどねーー;
まぁ、その時は若手の出場も少ないから......
岡崎との相性はとても良さげ!に見えましたが。

正直あまり最初は買っていなかった17番様が今では、正しくスタメンボランチに定着ですし、相変わらず『万能』の橋本も顕在ですから、トップ下辺りで、FKの名手、海外から出戻りの左利きの中村君と争った方がよさそうですかね?^^;V

あっ、あのシュートは、入れとかないとね......フロンタに戻った時のトラウマにならないように祈ってます。

解説の金田さんと、相馬教授。得点に絡まなくても、その前のプレーなどでケンゴのことを必ず褒めてくれて有難うございます。
相馬教授はまぁ、チームメイト!だったので、判りますが、金田さんはケンゴの大学の先輩なんですね。まぁ、それだけの理由ではないとは思いますが、ケンゴをそれなりに好意的に見てくれるのは有り難いことです。
ゼルジオ爺さんはどうなのかな?^^;V

P.S.監督インタビューより

Q:今日の中村憲剛選手(川崎F)の動きについて?
「正直に言うと、今日のシステムはケンゴのためにやったという面がある。彼を活かすにはあのポジションだと思っていて、彼にはジェラードのイメージを持ってくれといっている。
本当に素晴らしいプレーをしてくれたと。ちょっとバテてDFに戻れないこともあったが、得点機が2回あったと思うが、1点とっていれば文句なしだった。試 合前に、このポジションは点を取るポジションといっていたので。彼は能力があるので、そういう意味で帰ってきたときに『2回あったな』と言った」

う~ん、このシステム=若手が使われるシステム、以外では、ケンゴの出番が無い!という事ですかね?--;

J.B.Antennaさっかりんにほんブログ村 サッカーブログ 川崎フロンターレへ

|

« 党首討論会......ヤジの嵐......--; | トップページ | ノルディック・トゥリー.........フィンランド音楽 »

コメント

「ケンゴのためのシステム」「ジェラードのイメージ」いやぁ、それほどでも……と、なぜかケンゴに代わって照れて謙遜してしまう俺って変? やっぱ、あそこ決められなかったからかなぁ。

投稿: おぢふ | 2009年5月28日 (木) 12時50分

おぢふさん、
こんにちは。
コメント有難うございます。

ははっ、まぁ、ジェラードはねぇ.....^^;V
あのミスに懲りず、ジェラードばりのミドルを叩きこんでほしいですね!
ではでは。

投稿: みん | 2009年5月28日 (木) 13時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 代表戦.......:

« 党首討論会......ヤジの嵐......--; | トップページ | ノルディック・トゥリー.........フィンランド音楽 »