« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

なんだかなぁ、と思う話

どこも一緒なんですかねぇ?
品格の無い人が、発言するのは.....
この老人も、NHKで不祥事の責任を最後まで取らずに、結局、やめさせられた人ですよね?そんな人が、品格を保て!とはねぇ....
横綱審議会とかの委員長に座らせる事自体が変だし(NHK辞めた時に辞めるべき)、委員長という職を与える方、その立場での発言機会が出来る。だから、こういう品の無い発言を、立場でやってしまう。その結果、人間としての勘違いがなくならないのでは?と思うのです。
(朝青龍がどうのこうの、というのとはまたこれは別問題ですので、悪しからず!まぁ、品がない!と言われるのは朝青龍も一緒かもしれませんが^^l;)
サッカー界のおえら方も同じです。結局ガナの問題も、FIFAに従う、とか言って、責任回避、かつ判断丸投げ!ある意味、文科省との出来試合だったのかもしれませんね。文科省は事情聴取を行った、Jリーグはその意向に従い、(今後は)FIFAに従います!ってな所でしょうかね?
でも、友近議員、有難うございました。

リーグは責任回避!しかしその上の帯状疱疹で休養した老人は、JFA公式HPでの発言、なんら変えていませんからねぇ....--;
大相撲も、JFAもある意味文科省の傘下、というか、管轄下にあるのではなかったでしょうか?
(間違っていたらすみません)
そういう所に関係している老人の何人かは、老害をまき散らしているように思えてなりません.....うむ、試合がないと(って1週間明くってのはシーズン終盤になってからですので、なんだか、すごく1週間が長い...)愚痴が多くなりますね^^;

まぁ、まだ試合は元日まで残ってはいますが、
これからのストーブリーグ!(試合のないのが2ケ月も続く!んですよ!耐えられます?)
今シーズンを振り返って来シーズンに向かうためには、フロンタにとっては避けられない話題なんだとは思っています。

さて、そのストーブリーグ。等々力最終戦で菊地の獲得が発表されましたが、オフィシャルではまだですね。これも、11月30日に発表でしょうか?
そしてその11月30日。
引退はなくとも、0円提示はあるのかもしれません。
レンタル移籍は12月以降に活発化するのかもしれません。
つらい季節ですが、それでも、前向いて行くしかありませんね。

まずは、大宮でのリーグ最終戦、Mind-1!で勝ち取りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

広島戦

U22で活躍した金髪の柏木が黒い髪になっていて最初はよくわからなかった。そのあたりがキーかな?と思っていたので。
スポーツ新聞によると、交代後は泣いていたそうですね。確かによく走っていましたからね、悔しかったのでしょう。
広島の選手は、まぁ、そこそこ走っていましたが、有効に走れていないというか、何か意図を持って走っていたのかな?と感じた試合でした。戦術面、気持ちの面でも、何をしたいのか、さぁ~っぱり、わからない広島でしたね。
フロンタのカウンターが怖いせいなのか、最初から、守備的だし、フロンタのDF陣がボールを持ったら、さささぁ~!と引いちゃうし....
まぁ、守って守って、カウンター狙い!と、いうことなのでしょうが、カウンターではJで一番であろうフロンタに対する戦略としてはどうなんでしょう?
実際にパス1本でチャンスを作っていたのはフロンタですし。
そして負けているにもかかわらず、前に運ぶ意識というか、前に出せない.....
最後は、対戦相手のテセが先に交代してしまったので、お相手のいなくなったストヤノフは自爆.....
それで、まぁ、万事休すでしたね。
とはいえ、最初の1点で、勝負はついてしまったような感じで、気力不足なんでしょうか?こりゃ、広島重症ですねぇ。
大宮が勝ったことで、得失点差からは、ほぼ入れ替え戦決定というところですね。
フロンタが大宮に10点差で勝てば、2点差勝利で入れ替え戦のがれられますが、
・広島が2点差つけられるのか?
・フロンタが大宮に10点差なんてありえない!昔から、大宮には苦労してんですーー;

しかし、広島の元監督(今はJFAの委員様!)からは、
フロンターレはボール持たせた方がやりやすい!
なんぞと言われたのも、今は昔。
10人相手とは言え、試合の主導権を握って、残り10分間は、なんでも有り....

それにしても、あんたらっ!もっとプレス掛けてくれないと、
フロンタの選手が、
『パス回しうまくなった』とか、
『好きな所に思い通りのパスが出せる』とか、
『前向くのが上手くなった』とか、
『ポストできるようになった』とか、
変に勘違いしちゃうじゃないか!^^;

ちょっときつい言い方だけど、
広島自身が悪い方向に向かうのはフロンタサポとしては、なんとも出来ないけれど、その道連れにはしてほしくありません。
幸い残り5試合だから、影響は少ないかもしれないけれど、サッカーは相手がいないとできないし、相手次第で、お互い良くも悪くもなるのですから!ねっ!

入れ替え戦が嫌なら、少なくともフロンタは大宮には勝ちますから、後は自助努力してください。ある意味自力脱出は可能なんだから!ガンバ相手に意地見せてね!

最終戦は、どうしても勝ちましょう!Mind-1!

P.S.来シーズンはJ1の合間の山登りのついでにヴァン君に会いに小瀬に行くことにしよう....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月24日 (土)

あっ、言っちゃった(^O^)v

我らが愛するキャプテン宏樹!
「来年は等々力で全部勝ちます」!!!!!
おや、まぁ、めずらしくも自信たっぷりに!(^ー^)
その後の、あちゃー(>_<。)と言うハニカミ顔!
さぞかし皆にからかわれた事でしょう。

試合については、明日にでも。

最終戦、勝って終わろう、Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月20日 (火)

ほ、ほんとうのあ●だ....

日本サッカー協会というところにおられる人たちは、なんというあ●な人ばかりなのでしょう?

オシム爺さんの回復が奇跡的だったとしても、リハビリの期間もあるし、障害が残る場合も、身体的なもの、言語的なもの、いろいろあるので、オシム爺さんがやっていたような今までのような指導は彼自身にはできないだろう。やはり次の代表監督の準備は必要。
オシムの目指していた『日本サッカーの日本化』を達成できる人材はいるのだろうか?
今の代表スタッフでは、重いのか?
オシムの目指したことを今のスタッフでは実践できなのだろうか?
日本人では、日本化はできないのか?
大声の大熊、メガネ.......まぁ、ねぇ......--;

だけど!!!!!。だからと言って!!!!!
後継者をオシムに聞く???
これは今から責任逃れをやっているようなもんだよ!
オシム爺さんの心からの回復なんて、願ってもいないのだろう。
自分が指名した後継者の事が気になって、かつ自分の思いとは違うサッカーになる(に違いない)のを見て心穏やかになれるはずもないじゃないか?脳梗塞のリハビリしている人にストレス掛けてどうすんの?しかも、その時にはなんのフォローもしていないだろうし!

ああぁ、嫌だなぁ.....
自分の足で立てないJFAに日本のサッカーを委ねるしかないとは......ーー;

寒さが厳しくなったせいで、外に出たくない感覚とは別の閉塞感に囚われた1日でした.....
それは、それだけど、で、Mind-1!
(なんのこっちゃぁ.....^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月19日 (月)

今週末はホーム最終戦.....

あっと言う間のシーズン。
今度の土曜日はホーム最終戦。
セレモニーの案内も、さり気無さ過ぎ^^;
この1週間の間に、去る選手などの発表があるのか、オフィシャルページにアクセスするたびにドキドキしています.....

磐田戦は、ジムで、他の人が使っているマシンに付いているTVで、NHK総合の浦和‐清水、MX-TVのFC東京‐G大阪をちらちら横目で見ながら、途中経過が出ないかなぁ、とトレーニング^^;
前半で2-0と映った時には、思わずガッツポーズ!
最後は、ロビーの休憩場所のTVを点けて、NHKを見て、3-1勝利を確認し、ほっとして帰りました。
なんとなく負ける気がしなかったので、ちょっと腑抜けていた私でしたm(_ _)m

前日は、山の道具を買うために神保町まで出かけていたのですが、そこでの昼飯。
『いもや』ってご存知ですか?
旧交通博物館の近くにあったのには行った事があったのですが、そこが閉店して、久しくお目にかかっていなかったので、思わず入ってしまいました。
てんぷら定食+牡蠣の天ぷら!を食べたのですが、その『牡蠣』の美味なこと!いやぁ、久々おいしい牡蠣でした!
『いもや』はチェーン店のようで、神保町には、他に『天丼』の店、『とんかつ』の店がありました。

と、今日は例の、噂の『ミシュラン東京版』の発売日にちなんで、料理の話でした^^;
さすがに、『いもや』は掲載されないでしょうが、お店によっては戦々恐々なのでしょうね?

残り1つづつ!を大切に、Mind-1!で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月16日 (金)

オシム爺さん、頑張ってくれ!

爺さんが急性脳梗塞で倒れたとのこと。
命は取りとめてください。
祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日のTVKでの小ネタ

ジムでバイクを漕いでいる時には(腰が良くないので、負担を掛けないため、ランニングは避けているのですが、その分有酸素運動としての効果も少なそう^^;)、音無しでTVを見ているのですが、たまたまTVKを見ていたのですが(都下のジムなのにTVKが映る!東京都の田舎!仕様です^^;)、3人の女の子の川崎駅前でのストリートライブの風景。3人揃って何やら見たことのある色柄のマフラー!で、しっかり映って見えたのは、今年のでした!!!!!
彼女たちなりの戦略なのかもしれませんが、サポーターであってくれればうれしい限りです。

あっという間の1週間、明後日には磐田戦!Mind-1!で勝利を!

P.S.
ガナの件はクラブとしっかり話し合ってうまく事が進んでくれればと祈っております。Jリーグは世界の情勢の中では不利になってきましたが、官僚の保身への執念はすさまじいものがあります。監督官庁からの出向者が在任中には決定を覆すような事は無いでしょう。官僚機構に取り込まれているJリーグに独自の見解を持って行動できるような人材が居れば良いのですが....本当に日本のサッカーの将来を憂う人の存在を信じたいですが、あそこは(も、そうそう、J●Aもそうですが.....)、人罪の宝庫のようですので、残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月15日 (木)

CWCとACL

CWC:開催国枠で、セパハン!が出場なんですね。で、セパハンが勝ったら三たび浦和となんですねぇ.......しかし、セパハンも日本通!となったことでしょう!^^;

ACL2008:浦和=ACL2007チャンピオンでKnockOutStageから出場(ナビスコには予選リーグから出場?)、G大阪=天皇杯2008準優勝(浦和が優勝のため!)。

となると、もう一枠は、このまま行って、浦和がリーグ1位、ガンバがリーグ2位なら、Jリーグ3位チーム!ということですかね?ガンバが3位になったら、Jリーグの2位!ということで、今3位と4位の鹿島と清水は最後まで気が抜けません。熱戦が見られそうです!
鹿島の残り試合=柏、浦和、清水
清水の残り試合=浦和、千葉、鹿島
いやいや面白いことになってきました。
どっちも頑張れ!

フロンタも5位目指して、Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月14日 (水)

ACLチャンピオンは浦和

浦和の赤い人たち、おめでとう!強かったし、いい試合でした。セパハンも強かった。

私達もいつの日かチャンピオンになりましょう!その日を目差してMind-1!

P.S.埼スタでは、あなたたちはルールを守れるようですね^^;ってか、地元ではおとなしくって、お行儀がいいの??????

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月13日 (火)

Jシーズンも残り3試合....

残り3試合の今シーズンのJ。全部勝つ!そうすることでJの順位も少しでも上に(って言っても5位までですけどね......)行けます。磐田も監督交代で昇り調子ですし、広島、大宮はそれぞれ必死ですから、とにかく気持ちで勝ってほしいですね。
ナビ決勝、浦和戦の2試合で、J上位チームの上手さだけが印象にのこったのですが、今現在、鹿島や清水とやってみたらどうなんでしょうね?9月の調子を落とした時が今シーズンのキーになる期間だったとは思いますが、今なら鹿島、清水からもっと学べるのではないでしょうか?

さて、以下は、サッカーの事なのか?仕事のことなのか?生き方なのか?何か判然としないことについて書いています。長文失礼いたします。

浦和戦では、赤のサポの応援も素晴らしかったですね。
当日はそれなりに混雑を予想して、9時20分には等々力に着いたのですが、スタジアム裏の駐車場はすでに満車!あわててアリーナ横の駐車場に向かいましたが、そこも満車で、ようやく臨時駐車場にいれたのが9時30分!ぞくぞく「大宮」ナンバーの車が到着し、赤い人たちが乗り込んできているのを見てびっくりしました。その後アズネロにカレンダー買いに歩いて行くと、小杉方面からも、赤い人たちがぞろぞろ、ぞろぞろ......試合開始6時間前だというのに、さすがな人たちでした。皆さん、ニコリともせずに黙々と歩く姿からは、等々力のファミリーな雰囲気とは全然違う印象でした。等々力ではさすがに6時間前にぞくぞく!ということは今は勿論、将来もなさそうな気もしますし、そうなってほしくないなぁ、とも思いますが、試合は戦いなんだなぁ、と感じたものでした。
サッカーは人生に似ているけれど、人生そのものではない。
(あれ、これって、「ゴルフ」の諺でしたっけ^^;)
試合に負けたって死にはしない(最近はイタリアでサポがなくなりましたけどね....)ようにも思うのですが、甘ちゃんですかね^^;
とは言え、サッカーから私自身学んだことは多く、サッカー、それもフロンターレのサッカーを見れる幸せに感謝しています。

そういう気合の入った赤い人たちですが、試合中は、等々力では禁止されている「2階席で立っての応援」どころか、跳ねてましたから!SゾーンでもLフラッグ振ってる人もいましたし.....
気合、気概は素晴らしいけれど、自分たちがすべて!というような振舞いについてははっきり言って幻滅ですし、それをどうすることもできない等々力も、情けない限りでした。
自分たちのことしか考えられない、ということが、当たり前になってくると、ひとつ歯車が狂うと、どうしようもなく破滅に向かうような気がします。サッカーでよく言われる「相手をリスペクトする」というのは、「お互いをちゃんと知る、慮る」ということのように解釈しているのですが、いかがでしょう?
別にサポであろうがなかろうが、そんな事は当たり前!
そうだと思います。サポでない時にはできて、サポというシチュエーションになったら、できない!ということなのかもしれませんし、サポという集団心理も大きな要素だと思いますが、この先永遠に赤いチームがトップであり続けることはないでしょうし、またどん底になった時に、恐らく「強い赤」しか知らない赤い人たちの一部がチームに迷惑を掛けないことを祈ります。まぁ、人の話ですし、フロンタではそんなことはないと思いますが、他山の石としてしっかり目に焼き付けた次第です。良い部分は取り込み、悪い部分はしっかり分析して、排除すべきは排除する、という事がいかに重要かと思った場面でした。

こんなに早くアウエィでも駆けつける赤い人には敬意を表しますが、私も、さすがにここまで早く等々力に来たことはなかったのですが、それなりに早く来るようにはしています。
ひとつには、サポの人と全然違う、あるいは同じ感想なのか?など試合の内容だとか、裏話とかをお話できる楽しみがあるから、ということがその理由の一つです。幸い、最近は長老に紹介して頂いた方たちとお話できるようになったのも大きいのですが、仕事以外でのいろいろな話を聞く、というのが、最近富に重要なことではないか、と感じているからなのかもしれません。サポでない人から見たら、たわいもない!話を延々としている姿は異常なのかもしれませんが、それが楽しみ!なのがサポですからね。
試合を通じての見え方が違うということや、試合を見るスタンスが違うということなど、まだまだ、フロンタサポとしては学ばなければいけないことは多いですね。サッカーを知るには、私に残された人生はたりないのだろうと思います。どこで足りない部分を補うか?それがこういうサポとの交流なのだろうと思います。一人でできないことでもチームでなら出来る!というサッカーならではの手法をサポとの交流で活かしたい!と思います。何が素晴らしいかというと、皆さんがしっかりと自分の見方を持って、意見が交わせる!ということなのです。私が受け入れられないのが(受け入れ幅はそれなりにありますが^^;)、自分で考えないで、人の意見、新聞やTVで言っていることをさも自分の意見のとして発言する人なんですが(そうそう、この手の話はまたの話題です^^;)、私の周りのサポにはそんな人はいません!なんて素晴らしいんでしょう!

Jシーズン終盤になって週に1試合!のんびり思うところを掛ける時間ができてきたのかもしれません。それに今書いとかないと、シーズンオフはネタがないですし......
それにそろそろ、サヨナラの話も出てくるでしょうから、そうなったらその話になるでしょうし、サッカーの話に似せて^^;思うところを書けるのもなかなか無いでしょう?
というところでご容赦のほどをm(_ _)m

元日天皇杯を取っても、09年のACLには出場資格ないんですってね?まぁその年の勢いを生かす意味でも、レギュレーションは変えるべきだとは思っていましたが、この天皇杯で決断したとは、JFAも、いつになく素早かった?^^;JFAやJへの!こと!については、総括はシーズンオフにでも書きましょう(おっ、意外とネタあるじゃん!ドーピング関係、その他、フロンタに関係したことだけでも、いっぱいありましたしね!
その、レギュレーションの変更ってのは、ひょっとしたらフロンタには良い方に向かうかもしれませんね。努力した結果としてのお年玉が出場権無し!というのは、フロンタにはすごく似合っているような気がしませんか?^^;

とはいえ、Jも天皇杯も全勝を!Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月12日 (月)

浦和戦......

ヤブの初得点!勝たせてやりたかったです。かてた試合のように感じただけに残念でした。
勝ちきれない病再発か?はたまた浦和がよかったのか?
たぶん浦和がよかったのだと思います。後半は疲れて足動かないかも!と期待^^;しましたが、いやいや、大したものです!お見事!
一方で、怖い顔の浦和のドイツ人監督さん。メンバー替えはノーテーマ!だそうで、さぞやさぞやJやどこかの口害+老害爺さんはお喜びのことでしょう!審判団もJからの指示疑惑が出るほど^^;の仕事っぷり!勝ったって、昨日浦和の優勝はないんですけど?ーー;

ヤブの1点はチームにも本人にも自信になったことでしょうね。後半はほとんどのパスがヤブ経由になってました。チームの信頼を得たということでしょう。キラーパス!^^;はさすがにケンゴに分がありますが、CKはいい球蹴ってました。でも、いつもケンゴと一緒にやっていて、それなりの動きは目に焼き付いているでしょうから、これからはもっともっと上達するのではないでしょうか!ねっ?いえ、CKではなく、キラーパス^^;

ボールを受けた後前を向くスピードってのが、中盤の選手の重要な資質で、ケンゴもそれがどんどん速くなってきました。ヤブは本番の試合の中で、それが実現できていた。もちろん練習の賜物!だとは思いますが、練習でできるようになったからあの試合でも出せるようになったのでは!とさらに応援したくなりました!
ボールを受けて前あるいは、横に動かし、絶対に相手にボールを渡さない!という意思の現れである、あの動作っては、本当に個々の選手で違います。美しいと感じる瞬間も私の場合はそこにあります。FWの選手も一瞬のターン!これが得点につながるのですから、本当に重要な技術なのですが、中盤でも同じなんだと改めて思いました。

気になるのは、クロ。後半代えられてそのままロッカーへ!そりゃそうだと思います。前半のあの素晴らしいクロス!さぁ、これからだ!って時に代えられたんですからねぇ。痛んでいたわけではなさそうですし、モチベーションが気になります。
テセの出来があれで、クロが変えられるのですから、ちょっと気になります。テセはいい時と何もできない時の差が大きすぎます。まだまだ、格上のチームには翻弄されるしかない状況かと思います。練習は人一倍頑張っているのでしょうから、心の持ちようというか、チームの調子と自分とをちゃんと見れるバランスをとれるようになってほしいと思います。来シーズンはどんな布陣になるかはわかりませんが、テセ、フッキなんていう、ゴリゴリサッカーになる場合にこそ、そういう周りをちゃんと見る!というのが重要になるのではと思っています。自分の事だけしか、見えない、というのは、まぁ、20代前半では、普通はしかたないかと思いますが、それは10年程度しかないプロサッカー選手にとっては、あまりにも稚拙だと思います。(この年になっても、周りがちゃんと見えない私がこういうのもなんですが^^;でも、下見りゃキリ無いし、上見てもキリはないですが^^;=このお話は、また別の機会に書こうと思うテーマです=昨日の浦和サポと、私のまわりのフロンタサポの感覚などなど....^^;)
言うのは簡単だけど、そうなるのは難しい、でも言いますよ、もう少し大人になろうね!テセ!
めずらしく後半20分で選手交代をしなかった関塚監督。井川も最近は良いクロスを入れられるようになったし、エリア内に進入できるようになったので、役割としてはクロとはそうそう違わず、役目を果たしていたと思いますが、采配というところでは、打つ手はあったように思います。勝ちきれなかった部分はそういう部分かと感じました。
勝ちに行くのか?というのが見えなかったというか、浦和の出足が良く、カウンターを気にしたという部分はありますが....やっぱり浦和の方が上手だったと思った試合でした。
GKの都築がカッカ来てた時も、あの田中君が落ちつけ落ち着け!ってゼスチャーしてましたもんね。等々力で喝采を叫ぶのは来年に取っておきましょう!

勝ち点を積み重ねるという意味では重要な1点でしたが、残り試合は勝ち点3を積み上げることがどうしても必要です。磐田戦はもちろん、フロンタの芸風である下位チームの試合での取りこぼし!これは、もう許されません。相手に合せることなく、怒涛のリーグ3連勝で行きましょう!

残り全勝!Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 9日 (金)

C大阪戦、全部見ました

3-0になってからの引きこもり状態を見て、ナビ決勝では、1点差ということもあり、G大阪は中盤を引き締めるという方向でしたが、3-0という点差なので、引きこもり戦術は当然の選択なのでしょうかねぇ?!
時折、等々力でも見られる後半でのずるずるDFラインが下がってしまい、中盤が間延びしてしまい、ジュニ一人で奮闘!の場面。C大阪戦ではさらにそれが強化^^;され、ジュニ残して全員DF!!!!!.......ちょっと慎重すぎやしませんか?と思ったりもしました。その辺りに未だナビの敗戦の影があるのかな?とも感じましたが、まずは勝ててよかったです(って、今頃言われてもなぁ...^^;明後日は赤戦だよぉ!!!!!!)。

でも、カワムがたまに、突然前でプレス掛けたり、ハラタクも(ちょっと距離とりすぎだけど)中盤でDFしたりということで、効果的でしたね。
ケンゴの居ない赤戦はどういう布陣になるのでしょうか?ケンゴのところに入る選手が誰かによって攻撃的に行くのか守備的に行くのか、が見えるかもしれません。守備的と言っても、その時にはタニが思いっきり前目!かもしれませんけどね。
赤に対して4バックも面白いかもしれませんね。とは言え、左サイドが誰か?でも随分と違うチームになりそうですね。
選手層はもちろん、2チームできそうな赤とは違い、そんなに厚くはないとはいえ、選択肢は昔に比べると豊富になってきました。そして選手の配置で違う面がみれそうになってきたのも、チームとしてさらに進化しているようで、最近の等々力での楽しみの一つになってきました。智将と言われる監督の布陣に期待しましょう!
1歩1歩階段を登って頂点目指して、Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 8日 (木)

ジュニの先制点まで見ました^^;

天皇杯初戦勝ててよかったです。おめでとう。上手く気持ちを切り替えられたのでしょうか?もう大丈夫ですよね?

もう、疲れ果てて眠くて眠くて....なんとかジュニの先制点までみました。10分までです^^;残り80分は今日でしょうかねぇ.....

その前のガンバ対山形戦を少し見れました。たった10分見ただけのC大阪と、後半バテバテでも、延長PK,まで戦った山形を見ていて思ったことですが、う~ん、やっぱりJ2に戻ってはいけない!ということでした。同じサッカーなのだから違いがあるわけではないですし、J2もどんどんチーム力が上がってきました(フロンタがその力を引き上げるのに一役買ったことは事実だと思います!)。でも、年間試合数というか、ひっきりなしに試合が続くという意味で、モチベーションを維持する、と言うことかもしれませんが、なかなか気持ちを切り替えるのがしんどいので、勢いで結構順位が決まってしまう、というJ2時代に感じたことを再確認したしだいです。

C大阪は上手かったです(あくまで10分までしか見ていないので^^;)し、J1のチームのやり方でした。山形は走りまくって、行くとこまで行け!的で、J2チームの戦術だったように思いますし、それにガンバがてこずったことも事実です。でも、ガンバのどことなく余裕のある雰囲気=甘く見ていたのかもしれませんが.....、もありました。

何が違うかというと、1つだけ言えることは、ボールをタッチラインに蹴り出して試合を切るか切らないか、という事かと思います。

J1は相当危険な場合はもちろん蹴りだしますが、ほとんど繋ごうとしてチャンスに変えようとする。J2は比較的簡単に蹴りだすことで危機回避をする、ということでしょうか?

フロンターレも2004年の最初からJ1昇格を意識したサッカーをしてきましたが、2005年当初はやはり、切る切らない、という場面では、他のJ1チームに比べて蹴りだす場面が多かったと思います。試合の中で気持ちの切り替えの手段なのかもしれませんし、集中力の持続がつらいのかもしれません。それも、J2でのひっきりなしに続く試合慣れてしまったのせいだったのでしょうかね?まぁ、雌伏の4年、あのつらい、でも有難かった、あれがなければ、もちろん今はない!という至福の4年!というところでしょうか?^^;

C大阪はJ1の方が長いチーム(失礼!)ですから、当然J1でやってきたサッカーを続けるしかないでしょうが、そのサッカーがJ2の中でも、そうそう簡単に通用しない!というのが今のJ2の実力なのだと思います。だからこそ、来年もJ1に残留しないといけないのだと痛感しました。もちろんJ1での上位を目指してほしいですが、残留の事を忘れないでサポートしたいと思います。

今やJ1でも、J2経験チーム(J1から落ちた経験のあるチームを含む!)が、18チーム中11チーム!おかげでJ2の力が上がったのもうなずけますよね。J1から落ちたチームがそう簡単に1年で上がれなくなっているのですからねぇ。一方でJ1にあがってもそうそう簡単には定着できないですし、どういう差があるのかないのか、チームとしての違いは何か?などなど、いろいろ考えていくと深みにはまりそうな事がいっぱいですね^^;J2上がりのチームとしては常に残留を念頭にしてしまう!という性(サガ)を感じますが、まぁ、それも楽しみの一つです。

さて、今日はジムに行ってから、C大阪戦の残りの80分を見てみます。

セパハンに1-1の浦和。

その浦和とのホームでの戦い、絶対に勝ちましょう!Mind-1!

P.S.オオハシ、ブログ更新しすぎ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 7日 (水)

今夜は天皇杯

私は、等々力に着けるとしても、おそらくゲーム終了後.....^^;

と言う事で本日は欠席となります。経過は携帯でチェックします。内容は夜中にBSで見るつもりです.....

油断することなく奢ることなく平常心で勝利を願っています。

前向いて行こう!まずは、元日目指して、Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 4日 (日)

足りなかったものは何か?

明日は朝から出かけるので、もう、えい!やっ!で書いてしまいます。今日はこれで、4つ目^^;これも、ナビの敗戦の影響でしょうね^^;

足りなかったものは何か?という風に最初は思ったのですが、実は足りすぎていたのではないかと。それは、勝ちたい!という気持ちだったり、楽しみたい!という気持ちだったり、勝てるのではないか?という期待だったり、いろいろ準備しすぎたり、初観戦者を口説いたり.....ということのような気がします。少なくとも私はそうだったような気がします。そういうことから、結局、足りなかったものは、平常心、自然体、そういうものだと思います。

それは、水色パネルを掲げた時、えらく早いなとか、長いなぁ、と思ったこととか、ガンバのゴール裏も、きれいなパネルが整然と並び、大阪から来てあれをやれるんだ、フロンタが逆の立場で、例えば長居とかで、あれを、すっと、やれるのだろうか?とかを感じたのでした。何かがひっかかっている気がずっとしていたのですが、お好み焼きに腹立たしい思いを感じていたときに話しをしていて、気づいたことなのでした。身の丈にあった相応の気持ちが必要なものなのだなぁ、と思ったわけです(無理して大阪風を演出して、余計に不出来な!というわけです)。

選手、スタッフ、サポは皆勝ちたかったし、その努力はした。そして今、戦略、戦術分析は進んでいることでしょうし、私のようものが思うのだから、その中には上のような分析を少しは入っているかもしれない。

もちろん精神論だけでは勝てません。しかし勝負というのもは、心持ち、で決まってしまうのが常のような気がします。私も、平常心を思いながら、ついぞ、それを11月3日に得られなかったことを反省しています。反省したって勝敗は覆らないし、時間も戻せない。1つづつ経験値を上げるということは、平常心とか自然体に近づくための修練なのだと改めて思ったしだいです。短い人生で、どこまでいけるのだろうか?フロンタがそれに近づくための修練がこの敗戦であることを願ってます。十分な経験だとはいえませんが、しかしまだ経験不足だ!とも言えない。中途半端なところにまだフロンターレも(私も)いるのでしょうね。解脱する!までは達せないまでも、そういう境地=フロンターレにおいては勝者の境地をもてるように精進して行きましょう。選手、監督、スタッフ、サポの皆さん、3日は本当にお疲れ様でした。今頃こんなことに気づくとは、まだまだ精進が足りない私でしたm(_ _)m

今シーズンすべての試合に、Mind-1! です。

(これもひとつの境地でしたね^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビの記事の横で^^;

仕事を途中で切り上げてジムに行ってきました。で、また戻って仕事です。そろそろ終わらせないとなぁ......

で、ジムにおいてあった新聞記事.......

日経:負けたとは言え一応川崎のことも書いてくれたました。

某スポーツ紙:これまたそれなりの視点で川崎のことも書いてくれていました。

でも、驚いたのは、その記事より大きく『家長、獲り』?????来年のタイトル奪取に向け、始動?!!??!!?なんじゃ、それ??

まぁ、確かに左サイドはもう何年もブラジル人で賄って^^;きましたが、今年はムラカミの貢献があったものの、怪我などもあり、チマルの不適合性(言い過ぎかな?一応鶴も折ったのですが、Jにフィットする時間が足りませんでしたねぇ)もあり、クロやクッキーの左サイド仕方なしシフトで、しのいだわけですが、まぁ、助っ人という意味では家長でもありかもしれません。でも、ガンバが出すかねぇ?ユース上がりなわけですからねぇ。それから完全でなくても、レンタルで良いのではないでしょうか?でも突っ立ってるだけのことあるから、ヒロキがまたまた大変だろうなぁ.....まぁ、それは、取れてから心配しましょ!^^;

他チームがオファー出すとは思えないほど無謀なオファーなの気がしますし、完全の場合、その割り食う選手(0円提示が.....)が増えてしまいしそうな気がするのは私だけでしょうか?そういう意味では確かにおおごと!です。秋風涼し、が寒しになりそうですね......

で、もうひとつの問題は監督。去就が明確でないのは、どこかからのオファーもある!ということなのでしょうか?さぁ、どうなる?

悔しさから1日明けたら、もう、来年の話。それで敗戦ショックを和らげようと?ひょっとしたらうちのフロントってマス○ミ使いが上手い?

まぁ、そんなことより、水曜日の天皇杯です。残念なことに遠くに出かけることになり間に合いません。ナビからどれだけ回復したのか見れずに本当に残念です。試合経過は戻ってくる間の携帯チェックが頼りです.....が、内容がわからないしなぁ。スカパーとかでやるんでしたっけ?まさかBSではやらないですよね?

Mind-1!で切り抜けましょう。大舞台決勝の経験値を上げた我らがフロンターレ。ちょっとやそっとでは、挫けない!もう負けません。1月1日まで、リーグ含めて8勝!そして元日のを合わせて残り全部で9勝!!!!!!!

ちょっと自棄だけど、Mind-1!で行きましょう^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ナビの試合後のお話

ナビの決勝のことについて書き終わって、さあ、仕事!と思ったのですが、試合とは全く関係ないことで書くことを思い出しました。ので、さらっと書いておきます。試合に負けたので、気持ちが殺伐としていた!ということとは関係ありません^^;

初観戦の人と(残念ながら等々力に駆けつけることもなくなったので…)軽くビールを飲みに行きました。国立競技場の横の体育館の裏に、レストランがあるんですね?知らなかった。そのオープンテラスでビールセット(オードブル付)を頼みました。紙ナプキンよ立派なナイフとフォークが出てきました。ビールも入れ方上手いし、オードブルもそれなりにおいしかったです。でも、オードブルは、ピクルス数切れについていた爪楊枝で十分なものと量でした........あのナイフとフォークはなんだったんだ.......残念!!!!!!!!!!!!!!!!

その後、帰りの吉祥寺で、ヨドバシカメラの8階にある、『○×@鶴橋』でお好み焼き。大阪生まれ、育ちですから^^;

具材はおいしいものでした。が、店員さんが焼いてくれるのですがアルバイトとは言え、プロとは全く言えないお仕事でした。仕上がり具合といい、作り方といい.....

鶴橋でし、お好み焼きから!お上品なものではないのはわかっています。でも、具材を散らかすのは、大阪鶴橋での大阪流(というか、勢いのよさ、というか)とは違って、形だけを真似しているだけですし、出来上がったものは、これ売り物?という感じ。ほかのお客さんのところでは失敗して、新しくやり直して、しかも、謝りもなし。東京のお客さんは優しいな!と。大阪だったらどやされて金払わないでしょうね!非常に残念!!!!!!!!!!!!!!!!!!!今後は近くにある古くからあるお好み屋さんにしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ナビ決勝をようやく振り返る

来年は闇かもしれない.......地獄を見るのかもしれない.....残留目指して頑張ろう、としか思えなかった.........いろいろな感慨を抱きましたが、それが一番大きかった。

試合後の選手たち........ミノの呆然自失。エイジが近寄れなかったほどの呆然......ジュニの放心....人はあまりのショックで表情がなくなってしまう。まさにジュニの顔はそれでした.....ケンゴの選手全員への握手での鼓舞、それに意気を感じた選手たちに期待したいです。

11月に始まる契約更改、監督のオファーの行方など内部状況の変化。関塚監督はこの結果を受けてどう決断するのか?

現地に来ていたかもしれないJの監督たち。早い寄せ=プレス、とパスの出しところを押さえれば、まぁ、やり易いチームだと、9月のフロンタの姿を再び認識したであろう、多くの監督たち含めた外部認識。

そういった負債を晴らすことが出来るのか?フロンタに関係する人々の心持ちは、今度の水曜日の天皇杯、そして浦和戦@等々力の出来でわかるのかもしれません。心を少なくとも昨日折られた選手、スタッフ、サポ。どう取り戻しましょうか?今こそ、そして、再び Mind-1!です。でも、どうして11月はMind-1!を思い出すしかないんでしょうねぇ?--;

何から、どう書こうか?いまだに良くわかりませんが、来シーズンのお披露目のころにはまたワクワクしてしまうだろうから、昨日、今日感じたことを書いておいてその戒めとすべくメモを残したいと思います。初観戦の3人にも、ガンバの方が動きが良かったよね、といわれてしまう出来の悪さで、完敗だったナビ決勝。まずはその辺りからですかね?水色の紙テープは、来年以降に取っておくことにしましょう。

前半25分までに1点取れなかった事で、自信無さ気な9月の連戦不勝!の時のチームに戻ってしまった。点を取れなかった事と、ガンバが押し込み始めたことで後手にまわり、少しずつ自信を削がれ始めたのかもしれません。右サイドのユウスケは、かつてはチンチンにやっつけた安田に、若さとは素晴らしいものだと思わせる成長度を見せた安田に蹂躙され続け、左サイドは、加地と遠藤のパス交換にやられ、押さえ込まれたケンゴは、パスの出し所を制限され、見つけたスペースにはFWは走りこめない.....

そんな前半が終わって、システム急変更!のガンバに戸惑い、対抗できなく、いきなりどんどん攻め込まれる後半開始!3バックなんてぜんぜんやったことが無いはず!ですよね?それを優位に変えるガンバ選手の能力もたいしたもんですが、本番で決断する西野にもやられましたね。アトランタ五輪以来嫌い(中田英寿の辞め方が、あれだったので、もうすっかり嫌いなことを忘れていたのですが....)だった西野がますます嫌いになったと同時に関塚監督にも大胆さを求めたくなった後半の入りでした。

オーロラビジョン(国立ではなんと呼ぶのでしょうね?)に映し出された失点シーン!誰か1が、これしかないというところに入れた低いクロス。エイジは出られない。で、誰か2が突っ込んできて、エイジはそれをケアすべく1歩を出したがお互い届かず、2の矢の○ホなコメント平気で表彰式でやった安田に押し込まれた。ユウスケが後ろからしかついていけなかったほどの一瞬の爆発的スピードでした。エイジとしては精一杯やったと思いますが、1歩踏み出した分の反転の遅れ、それを引き起こしたDFとのケアに対する意識統一の一瞬ズレ。その結果だったように思います。練習であのコースのクロスを出すのは難しいでしょうしね。あのGKコーチには出せないでしょうし、真剣勝負でないと出てこないコースでしたし、練習でどう向上させていくかも今後の課題でしょうね!頑張れエイジ、君ならできる!そしてこの悔しさを晴らすまでフロンタを出るなよ!

勇気を出して広げた^^;新聞でみたら、誰か1はバレーで、誰か2は二川でしたね。二川がここまで入ってきたことも含めてやられました!としか言えませんね.....修正分!m(_ _)mそして二川が空振りしてたんですね、それでエイジは反転した!ということのようでDFとの連携のズレはなかった!ということのようです。空振りっすかぁ、ふう.....

交代で出てきたカワムラ、クッキー、クロ!何もさせてもらえず、何も出来ずでした。関塚マジック発動せず!残念でしたが、時すでに遅し!だったのかもしれません。

ガンバは上手かったです。正直そう思いました。そしてフロンタもまだまだやることいっぱいあるな!と改めて思いました。悔しいと思いましたが、悔し涙はありません。これだけやることがいっぱいあるのだから幸せ!というものです。人生は短い、やりたいことが多すぎるから、やるべきことが多過ぎるから!サッカー選手の現役時代はもっと短い、そして目の前でしなくちゃならないことも多すぎる。1つづつ1つづつクリアするしかない。そうやってたどり着けるところがある。まだ何ができるか考えることをやめてはいけない。到達点はタイトルではない、それは1つの通過点。未だ通過点を通過できないフロンタには、まだまだやることがいっぱいあると再認識できた試合でした。何かをやり遂げることに終りはない。そうしないと、ますます置いて行かれる。ガンバはすでに前を走ってハードルを越えた、追いつき追い越すためには走るしかない。

心折れたのなら、折れた心を取り戻せ!折れていても明日は来る、試合はやってくる。心折れたものは去れ!ということ。でないと最初に書いたような闇、と地獄が待っている。立ち上がろう!フロンターレ、そしてフロンターレを愛する人たちよ!

ふぅ~っ、書いたらすっきりしましたよ。もうめげることなく、前に進めます。頑張れ!フロンターレ!次回は精神面について思ったことを書いてみようと思います。今日(明日の締切りのために仕事中ですが^^;)書くかもしれませんが^^;

REBORN そして RE:Mind-1! 再びのMind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年11月 2日 (金)

さてとっ!

仕事終わりました、終わらせました。これからお清め!という口実での温泉でリラックスです。

エルゴラ買いました、読みました。数値的には、すべて劣っています。

しかしオシム爺さんも言っているように(まぁ、言われなくったて、わかってますし、その通りなんですが)、サッカーは数字できまるようなものではないと。数字は重要だけど、それだけでは何も決まらない。そりゃそうです、数字で決まるならやる前から決まってしまっているんですからね。しかたないです、リーグの数字持ち出されてはね^^;相手は2位、フロンタはは5位!しかも、4位になるには4位が全敗、フロンタが全勝!が必要なわけで、そりゃ、まぁ、無理!ってもんです。しかも、後ろはぞろぞろ控えてるし....^^;

で、まぁ、そんな覆せない数字をどうのこうの嘆いたって始まらない!ここまできたら、挑戦者として、やる!っきゃないです。

行くぞぉ!国立!(明日の朝だけど^^;)

勝利に向かって、Mind-1!

では、皆さん、明日、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日の準備

ちょっと早いですが、明日の準備中!おっと、チケット忘れちゃいけない!!!!!^^;

01

今読んでいるサッカー本『日本人よ!』byイビチャじいさん

その63ページから、抜粋。

『例えば、世界で通用するサッカースタイルでプレーする、いや、プレーしようと努めているクラブがJリーグには2つ、3つある。1つは、ガンバ大阪。彼らは美しいサッカーをやっている。川崎フロンターレも実に華麗だ。またジェフも動き方という点では申し分ない。』

なんと、そのそのうちの2チームが、明日のナビの決勝戦で戦うとは!素晴らしいことです。有難いことです。オシム爺さんの目の前で、その世界に通用するサッカーの戦いを存分にやってほしいと思います。なんだか、ようやくワクワク>ドキドキになってきました。楽しみです。もちろん勝利は譲れませんが、その華麗なサッカーを見ることができる幸せも噛みしめたいと思います。

私にとっては生まれ故郷の大阪と、今は住んではいないけど、大きな関わりのあった川崎のフロンターレ。そのことでも感慨深いものはあります(実家のものは皆ガンバ応援でしょうねーー;)。まぁ、大阪に居たのは高校までだし、そのころは当然ガンバなんかなかったので(あっ、もちろんフロンタもね!)、気にすることなくフロンタ一筋!でおます^^;

さてと、高ぶる気持ちを抑え、奢らず焦らずの平常心を保つために書いているこのブログも、今日はすでに2本目^^;あと1つくらいは書いても、今日は許されるでしょう?平常心平常心平常心.....落ち着いてきたような気がするのも、不思議なものですね。

ガンバ系のブログは、タイトルを統一したそうですが(カップは川崎に!とか^^;)、フロンタ系はいつものように自由闊達な心持ちで行きましょう!

決起集会でも、合言葉は、Mind-1!

そうです、明日はMind-1!、今日も明日のためにMind-1!

それしかないぞ、Mind-1!  ^^;

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いやはや......

いよいよ明日になったナビ決勝戦。

試合当日はいつもワクワクと年甲斐も無く、小学校の遠足前のような気分になるものですが、今回はなんと今朝そういう状態になってしまいました。いやはや、情けないというか、これも緊張感のなせる業でしょうか?

昨夜は久々に早く23時くらいに寝たのですが、フロンタの夢?というかなんとなくフロンタのイメージが浮かんで目が覚めたのが、4時30分!普段は25時→7時ですから、いつもよりも寝ていない.....--;

しかも、一旦目が覚めたら、アバンテやら、バスケットケースが頭の中でリフレイン...

おかげで、その後うたた寝状態で、寝不足感いっぱいの今朝の状態です。まぁ、頭は興奮状態ですが^^;

今日はすっきりしっかり仕事を片付けて、近くのスーパー温泉+天然温泉付に行き、身体を清めて!!!!!^^;V リラックスして、明日に備えたいと思います。

明日は晴れるぞ!Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月 1日 (木)

気持ちの強さ

目前に迫ったナビスコ決勝。正直、普段の週末を迎える感覚と少し違うように感じます。

すごく緊張してきました!!!!!!サポが緊張してどうする!とは思うのですが、いつもはそれ程ではないのですが、ドキドキです。

普通は、ワクワク>ドキドキなのですけどねぇ.....^^;

2000年の時はナビだけが心の拠りどころーー;そういう気持ちでしたから、悲壮感もありましたが、こういった感じの緊張感は少なかったように思います。

これは、良いことなのか?いや、きっと良いことなのだ!と思うようにしています。強い気持ちの違った表れ!ということで!

普段の生活では、年とともに少しはネガティブな感じが入ってきましたが(老い先短い!という意味で^^;)、人生半ばをとっくに過ぎても、かなりポジティブな方なのですが、ことフロンタのことになると、ネガティブさが前面に出てきてしまうのは、阪神ファン(今は野球ぜんぜん見なくなっちゃいましたが、結果だけみて、おおっ、はぁ~、ふぅ~っ!と過ごしています)の所以でしょうか?^^;

ともあれ、私がどう感じようと、時は容赦なく過ぎていきます。

サポとしてできることをもう少し努力してみようと思います。初観戦の人数分のタオマフも用意したし!あとは何だろう!?

選手、監督はもちろん、スタッフ、そしてサポの皆さん、今の時間を大切に、大事に使っていきましょう。人事を尽くして天命を待つ、というような境地にはなかなか達することはできませんが、できることをやりたいと思います。

今日も秋晴れ!週末に向かって、今日も1日、Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »