« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

上手に歳を取りたいものだ--;

新聞記者に語っただけでは、かのお人は納まらなかったようですね。
なんとJFAのHPにご意見を述べておられます!!!!!

スポーツ報知の発信が28日6時ですから、その後執筆したのでしょうか?ご苦労様なことですな。

『私の立場でとやかく言う話ではありませんが、妙な前例をつくることになってほしくないと痛切に感じています。』
であれば、とやかく言うな、と思うのですが?
これが、妙な前例の『最初』なのでしたっけ?
あなたが監督であったら、あの状況で、どういうメンバー構成をしたのでしょうね?

感情的とも思えるような(ひょっとしたら、いつものように、思わず)口から出た言葉の落とし所が、財団法人のHP上での記述なのですかねぇ。そのうち、またどっかのラジオでやらかすんでしょうねぇ....

本当に思いますよ。
人間、上手に齢を重ねて行きたいものです。
と言いつつ、せっかく朝には落ち着いていた気持ちが、記事を見つけるたびに(検索能力の低さゆえ...)頭に血が上っている私も、同じように人間ができていませんなm(_ _)m
ということで、これにて終了~~ぉ~!っす。

では、そろそろ、気持ちを落ち着かせて、
(やれやれ、今日1日で3つも書いちゃったじゃないかよぉ^^;...)
甲府戦に向けて、Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新聞記事探し足らずでした....すんません

事前に了解得ていたんだそうで......
柏戦では「当該試合直前のリーグ戦5試合のうち、1試合以上先発メンバーとして出場した選手を6人以上含まなければならない」というJリーグ規約に抵触しないメンバーを組んだ。あらかじめ、Jリーグに問い合わせ「問題なし」との了解も得ていた。
またまた頭に血が登ってきました^^;

ああ、この記事読まなきゃ良かったよ....
大事な試合前に、信平社長は怒鳴られ、フロンターレは侮辱されていたんですね....
(慶応の先輩、後輩っていっても、皆の前で?人格破綻者なんですか?)
さぁ、ナビ勝って、その賞金で飛行機代金お返ししましょう。そうすれば地位も安泰でしょうに。

麻生に行きたい、この頃です。
昔、麻生に行ってた時って、なかなか勝てなかったんですよね。で、麻生参りを控えていたんだけど、まぁ、サポが、しょうもないゲン担いでも、それこそ、しょうがないよね?この前も等々力でそんな会話もしたし、....
そろそろ選手の顔見に行こうかな?
いいですよね?皆さん^^;

Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jリーグ+JFA

スポーツ報知:『規定には触れないが、「リーグの精神に反する。サポーターがどう思うか」と声を震わせた。』らしい親玉。
まぁ、昔から川崎大嫌いなJFA(元J)の親玉ですからねぇ。

---以下、参考---残念ながら、リーグの精神、の定義は見当たりませんでした......
Jリーグの理念
・日本サッカーの水準向上及びサッカーの普及促進
・豊かなスポーツ文化の振興及び国民の心身の健全な発達への寄与
・国際社会における交流及び親善への貢献

Jリーグの活動方針
1.フェアで魅力的な試合を行うことで、地域の人々に夢と楽しみを提供します。
2.自治体・ファン・サポーターの理解・協力を仰ぎながら、世界に誇れる、安全で快適なスタジアム環境を確立していきます。
3.地域の人々にJクラブをより身近に感じていただくため、クラブ施設を開放したり、選手や指導者が地域の人々と交流を深める場や機会をつくっていきます。
4.フットサルを、家族や地域で気軽に楽しめるようなシステムを構築しながら普及していきます。
5.サッカーだけでなく、他のスポーツにも気軽に参加できるような機会も多くつくっていきます。
6.障害を持つ人も一緒に楽しめるスポーツのシステムをつくっていきます。
------

でも、確かに主力を欠いたメンツを見て、フロンタのサポはさておき、柏のサポにとっては、失礼なやつらだ!と思われても仕方ないような気がします。フロンタのサポでも、う~むっ、と唸った方もいらっしゃるでしょうね....
私は、イスファハンのTV映像から、選手を守る、サブメンバのモチベーション、チームとしてできる限りの判断だ!と思っています。
腹立たしいお気持ちは察しますが、柏サポの皆さん、いかがでしょう?
柏もナビのメンツ落としたこともあるのですが、その時との違いは、『事前にJにお伺いを立てている事』なんではないかと。
これ、面子(同じ字だけど、意味が違うね、今気付きました^^;)を重んじる官僚様の大事な儀式ですね。所謂手続き論ってやつですね。
一言言ってれば、済んだのかも。でも、民間出身の親玉達が、そうなの?

『「こんなことなら(川崎に使ったお金を)他のクラブが分配してくれというかも。僕の責任問題にもかかわる」と怒り心頭』=同じくスポーツ報知。
他のクラブ関係者の皆さん、如何でしょう?

まぁ、○ほなキャプテンに加えて、保身に走る発言をする専務理事の跋扈するJ。
フロンタサポよりも圧倒的に多い代表サポがデモをしようが、いろいろ呼びかけようが、すべてを無視し、世界機構であるWADAの規定とは異なる二重規定であっても、振り上げたこぶしの下ろし所を判らないJですから、如何ともしがたい、と思うのですが、自分達への言葉は無視、弱い相手の傷口に塩!だけでは、今後どうなのかなぁ?と思います。今後、すべての会議の議事録公開など透明性を高めてほしい物です。そうする事で、Jでの利権構造も明らかになるでしょうし、自ずと理事達の行動原理も見えてきて『税金や浄財』の使い方の監視ができるように思います。

でも、こういう話は、ニュース記事でしか出ないのですが、正式な申し入れとかが、どういう形であったのでしょうか?
この辺りも良くわからないですね?こういうの、はたして正式な話=文書?があるのでしょうかね?
その『規定』は?^^;

色々書きましたが、間接的な話で反省を促そうという日本古来の『和の精神』=正式に言えば、罰則などの『規定』を適用せざるを得ないので、記者との会話で察せよ。会話で済ませてるんだよ、私の温情!というヤツなんだろうと推察します。

と、こういう風に書いて、昨日以来の腹立たしさも少し納まりましたが、こんな輩とのお付き合いは、申し訳ないけど、信平社長、あなたにお任せしますので、どうか、選手、監督はもちろん、その他クラブ関係者、チームスタッフ、そしてサポの皆さん!次の試合を目指しましょう。
信平社長が困り果てたら、みんなで行動です。
F社の社長も、バックアップして下さい(とはいえ、F社も官僚には....)ね!

Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月27日 (木)

一夜明けてセパハン戦

もう少し夢をみていたかったな.....
という気持ちが、悲しく、そして寂しい気持ちになった大きな理由だったんだろうなぁ、と思ってます。
総括すればそんなとこだったんですね....^^;

さて、そうは言っても日曜日には甲府戦。
サポは割と直ぐに前向きになれるのでしょう。
でも、かくいう私は2000年は、土曜日に負けて、木曜日まで引きずった^^;経験がありますが、それ以来2000年~数年で、負け慣れしたというか、強くなりました^^;
それは、ともかく、選手は心の中の悔しさを押し込んで切り替えていくしかないのですね。
モチベーションの維持は大変なことでしょうが、心折れる事無く精進してください。

さて、以下は雑感。
これで、勝ちがないのはリーグ、ACL含めて、6試合くらいかな?
無失点は6月の柏戦の引分け以降ありませんっ!
セパハン戦が2試合とも無失点との評価もあるけれど、あの攻撃陣では無失点でいかないといけないし、むしろ見習うべきはセパハンの守備陣の最後の最後に足が出る!というところではないかと思う。
甲府の攻撃に無失点で、かつ勝てれば、上向きに転ずることも可能だけど、どうでしょう?ナビの借りを返すという気持ちと休養充分の相手チームに対して如何に戦ってくれるでしょうか?今後は昼間の試合にもなりますし、その順応も相手の方に準備期間は多かった、などなどフロンタに厳しいことばかりです。
でも、だからこそ、いい機会だと思うのです。艱難辛苦を耐えることで成長もできるわけですから!ねっ!

今後の対戦相手は、上位(現状の順位で、と言う意味で)は浦和と新潟。この2チームには勝っても勝点で及ばない。つまり今の順位を上げるためには勝点を上乗せし、かつ上位が負けることが前提となります。しかも、下位相手の試合で取りこぼす事は、自動的に順位を下げる可能性が大きいという事実が重くのしかかっています。
これまで通り目の前の1戦1戦を戦い抜く、というスタンスが益々重要に成ってくるのでしょう。そしてそれだけでは足りないという事実がこの2ケ月の戦い振りからは明らかです。何かを変える必要があります。若手の登用、積極的な采配(昔はもっと活き活きとした采配だったと思うけど?)、などいい出せばきりがないので、今日の時点では、まずは2日全力で練習をして(=できればシュート練習に1日かけてもいい!Zico流は身についているはずだから^^;)、全力で甲府戦を戦って下さい。

今シーズンの目標である何か1つのタイトルのうち、残されたのは、ナビ、天皇杯...の2つ。リーグがあるでしょ!ですかぁ?....まぁ、現状では、可能性は残念ながら無いです。
その2つを勝ち抜くためにも、昨日の勝利は必要だったと思うのですが、それが叶わず、ここで=甲府戦で持ちこたえられないと坂を転がり落ちるがごとく....となりそうな予感がするのは私がネガっているからなのだと思っておきます。同じ流れで、来年に向けての不安が一杯な昨晩でしたが、それは甲府戦を見てからにしたい、と思います。

昨日感じた事の一つに、タイトルという意味で、大きな意味を持つのはやはりリーグ戦だ、という事です。
リーグ戦での成績が悪くて、各種のカップ戦の成績が良いはずが無い(2000年のフロンタのナビはそこにしかモチベーションを持てなかったが故の椿事、例外か?)、というのが、今回のACLノックアウトステージの結果だったと思っています。次にACLにチャレンジできるのはいつのことだろうか?今年のACLの遺伝子が生きているうちに早々にチェンスを得て欲しいです。つまりリーグで勝ち抜ける力を何年か後にはつけて欲しいものです、そのためにの今年の経験=艱難辛苦、なのですから。

最後に、
Jのトップとしての浦和にはACLで勝ち抜ける力はあると思いますし、Jリーグの思惑などは別にして、勝ち抜いて欲しいと思います。

それにしても、返す返すも残念なことの1つは、昨日勝ち抜けていれば、余計な事情聴取などという事態が起こらなかっただろう、と言うことですね。官僚の考える事はや○ざの手法と似ています。弱いところを叩く、正論(や○ざ、の場合は感情か?)で攻めれば正しく進む、そういうことを信じていること、しかも尚悪い事に、黄門様の印籠!ではなく、国民の税金だ!っていう印籠をもっているってこと、でしょうかねぇ。

いずれにせよ、1点が遠かったセパハン戦。
改めてMind-1!の精神を失ってはいけないな、と思った試合でした。

明日にむかってMind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

悲しい敗戦---セパハン戦---

これまでいくつ負け試合を見ただろう。
悔しくて叫びたくなる負け。
腹立たしい敗戦。
でも、今日ほど悲しい寂しい敗戦は初めてのような気がする。
何故だろう?
90分+30分、そしてPK。いくつもの想い...纏められそうに無い。明日にしよう。
SFに進めなくても、今シーズンの目標が何一つ叶いそうもない予感がしたって....フロンターレが失くなる事はないし、(来シーズンの心配は大きくなるばかりであるが、それも明日だ)
ましてや世界が終わるわけではない。
とにかく今は、この悲しみを抱えて寝る事にしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月26日 (水)

セパハン戦へ!Go!

みんなで等々力へ!
大勢のサポートを!
Mind-1!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月24日 (月)

柏戦---大敗...---

NHKニュースで0-4でまだ確定していないのを知って、何が起こったのかと、ネットで見たりして、映像は、結局ヤベッチでの放映を見ただけです。
メンバー変更は、あのセパハン戦の後半を見たら、誰が見ても有り得るだろうという感じでしたが、予想以上に大勢変更してきましたね。しかし、8人交代しても、そこそこやれるチームが構成できるようなクラブになった!というのも感慨深いものです。
後半すぐの失点が残念でした。それよりも、前半にあった(らしい^^;)決定機を決めていれば、というところなのでしょう。いずれにせよ、決定機を逃している、DFのミスっていう今シーズンのデフォルト仕様はメンツが変わっても変わらず、という結果だったんだなぁ、と想像します。
でも、必ずや、若手がこの大敗の悔しさを忘れず、さらに精進してくれることでしょう。
こういう経験しないと伸びないチームなんだと思います。というかまだまだ伸び代があるチームということです。J1再昇格3年目ですからね。焦らず諦めず弛まず努力をしていきましょう。
残留安心圏内まで、あと勝点6~8くらいでしょうか?残り試合は上位は浦和のみ。他は順位的には下位ですが、登り調子の東京もありますし、降格圏内チームは必死でくるでしょうから、安心はできません。まずは、早めにゲットしたいものです!!!!!
まぁ、15位で、入れ替え戦かとどきどきするのはいやなので、13位でもいいけど^^;、賞金圏内目指して応援します。
(正直16位の入れ替え戦は、J1チームの方がここのところ分が悪いですからねぇ....)

さて、水曜日。
休養できた選手達には、大きなプレッシャーが掛かる試合となりましたが、等々力でのセパハン戦!
疲労の取れた身体と強い心で、必死に戦う姿を見たいものです。
そして気持ちよく勝利と行きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月21日 (金)

セパハン戦1st legを終えて

チームは無事帰ってきたようですね。
お疲れ様でした。

サポの皆さんはこれからポツポツ帰国でしょうか?
本当にお疲れ様でした。声もしっかり聞こえていました。有難う!

後半はセパハンの怒涛の攻めをしのいでカウンターの応酬!
という所でしょうが、とにかく選手がくたくたなのは画面からも伝わってきました。
エイジの頑張りもあったけど、DFも少しは修正されたかと思います。

試合後30分で空港に向かったらしいので、試合から一気に飛行機の長旅ーー;
疲れを取ることができたのか、心配です。酸素チェンバーで疲労をとってください。

とにかく、お疲れ様以外に言葉が無い。
頑張れとは、とても言えないですが、直ぐに試合なんですよね。
プロだから捨てて良い試合は無いですが、逆にプロだからこそ、捨てるべき事もあるのかと思います。
勝利に拘るのか、長い目での勝負に徹するのか?
これは、目の前の勝利と育成とのバランス、と同じ関係なのかもしれません。
ひょっとすると、このしんどい時期を、育成という長い目を本番で活かせるチャンスなのかも^^;

いずれにしても、Mind-1!です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月20日 (木)

アウェイで0-0

みんなお疲れ様!
よくやったよ。くたくたになっても守り切った。
ホントによくやった(T_T)
次ホームだ!勝ち切ろう!
応援するぞ(^O^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

前半終了0-0

う〜ん、良くもなく悪くも無く...
いつもの試合。シュートが枠に行かないなあ(>_<。)
もっとシュート打とう。
頑張って!
セパハン守備堅いけど、ぶち破れ!
相手の13番に気をつけて、しっかり守って得点だ!

サポも沢山行かれているようで、頭が下がります。
TVの前だけど、しっかり応援しますp(^-^)q/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月18日 (火)

明日はセパハン戦

J's Gaolの写真を見ると、皆元気に現地入りしたようですね。
24時間も掛けた移動。考えただけで疲れてきます。
でも、まぁ、観光は出来ないにしても、『世界の半分』のイスファハンですから、朝の散歩出来たら、楽しんで下さい。
明日は晩飯後、直ぐに仮眠かな?^^;

イスファハン、いい響きです。
この良い響きを勝利によって良い思い出、記憶に残せるようTVの前で^^;応援します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月16日 (日)

大分戦---2-2の引分け---

試合後、中原の飲み屋で、日本の政治家としても、人間としても、世界一恥ずかしい元宰相の話で憂さを晴らしたつもりでいましたが、南武線→中央線の40分、今日の試合をどう総括するか、考えました。
そして、結局は今日の試合はそんな事で憂さが晴れない事もわかりました。
日本の政治、将来、よりもフロンターレか......恐ろしや....

さて、どこから書けばよいのか?判然としませんが.....

私の結論:今シーズンで一番むかついた試合。
   理由:今後さらに酷い試合をたくさん見る事になるだろう始まりが感じられたから。
       ACL、ナビの惨敗.....リーグ1桁に入れず、辛うじて残留....天皇杯4回戦負け.....が妄想であることを祈ります。

今日は心を見たいと思っていると試合前に書きました。
私も折れそうな心を励まし、最後まで諦めませんでした。
その結果はご存知の通り、ラストプレーでの劇的な『同点弾』。
同点弾、そして引分け.....
結果として得たのは勝点1のみ。勝点0でない!というだけの試合。
(さずがにお馬○のマス○ミさんでも、2得点で追いついたのを監督の交代采配がずばり当った!とは書かないだろうね?そんなの書いてるのを明日以降見つけたら、それはそれで悲しい....)

・選手の心は折れなかったのか?
折れなかった、と思います。
唯一の成果かもしれない。ただし、後半15分だけ。
そして、ジュニの気迫、マギヌンの諦めない走り!
ブラジル人サッカー選手のメンタリティーを日本人は結局持てないのだと痛感した試合。

・全体的に
 なんで走らないの、走れないの?スペースに走りこんだのは、テセ2回、チマル1回、ガナ1回.....タニ1回....
 早いチェックにおたおた、あたふた。元々技術レベルが低い(止めて出す技術)が相手の早いプレッシャーで、精度ががた落ち........フロンターレってプレスしないチームになっちゃったのは、いつから?
 相手のプレスを受け流すだけの技量があるチームだとはとても思えない。いつからそんなに天狗?
 いつも通り先制された後の仕掛けの少なさ.....
 いつも通りの後半20分にならないと選手交代をしない....戦術????

・FW
 FW陣は奮闘した。
 ジュニと組むのはテセよりガナだと思う。ジュニの位置がしっかり見えている。
 ただし、使われないとさびてしまうガナ。
 だからサブにおかず、そして疲れた相手をぶちのめすためにも、交代はガナ→テセの方が有効では?

・中盤
 ケンゴの余りの雑なプレーが目立ちすぎる。丁寧なパスが身上だったケンゴが代表招集以降、どんどん荒れたプレー、独り善がりのプレーが多くなっている。パスの先には田中達也は居ない、山岸だっていない、そしてもちろん寿人も居ない!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 お疲れで投げやり?献身的に見えても、そこには思いやりが見えない.....それって冒頭の元宰相と同じだぜ!
 兎にも角にも、疲れを取ってくれ!お願い!し・ま・す!

・DF
 そして、何度も、何度も、何度も、何度も、何度も、見つづけた失点シーン。今日の2失点もまったく同じパターン。
 DF崩壊。DF崩壊。DF崩壊。DF崩壊。DF崩壊。.........
 簡単にクロスを上げられ=それはクロスはヘッドで跳ね返せると思っているからなのか?ペナルティエリアの前までは簡単に侵入を許す事でも明らか。高さには自信がかあるかもしれないが、低めのアーリークロスには全く対処できない。
 DFの最後の手段は身体を投げ出す事。それが全く出来ない。1失点目のエイジの怒りもさもありなん。
 すべてを足を出す事で対処しようとしている。そしてボールウオッチャー。
 セリエAの試合を見て下さい。DFは最後は体張ってますぜ。決してボールウオッチャーにはなっていない。
 そろそろDFは入れ替え時だと強く思う

<<今後の相手チームから見たフロンターレ対策>>
 ジュニに2人から3人つける。どうせ、スペースには走りこまないからジュニを押さえておけば、後はタニの進入さえ押さえておけばOK。
 マギヌンには1人つけておこう。
 チマルは走る前にプレス掛ければ日本サッカーに慣れていないのでそのスピードは活かせないだろう。
 ケンゴも1人つけとけばいい、前向かせず、DFへのバックパスを多くさせるようにしよう。
 DF山脈はサイドから崩してアーリークロス。べったり付かれても、プルの動きでゾーンの間に隠れればパスは通るし、シュートは打てる。
 キーパーはそこそこだが、DF崩せばシステム化された動きなので、まずDFを崩そう。
 前半なんとか攻撃を耐えれば大いに勝機あり。

と言うようなところでしょうか?
はぁ.......

以下、サポの遠吠え
こんな所で言っても、何も変わらないとは思うし、また書いてしまう自分も情けないが、今日は書かずには居られない!!!!!m(_ _)m
やっぱ、フロンターレの大株主になるしかないね......

<<フロンターレの今後>>
 DFの交代必須。イガワ、サハラとの交代ではなく、若手を思い切って使う。1試合の経験は100日の練習にも優るはず。
 これまでの25試合での勝点36。34試合をこの比率でいけば、48点。残りすべて引分けでも、45点。なんとか残留はできると思われる数値です。48点ならば無問題。
少なくとも今の3人から1~2人は交代すべき。身体を最後の瞬間に投げ出せる俊敏性を持った若手に切り替えるべき。そういう若手が居ない事には始まらないのですが.......居ると信じて!

監督、チームの縛りになっている『1戦1戦、目の前を闘う』というスローガンを変更し、来期以降も見据えた戦略への変更。そのために強化部の目標変更、社長公約の変更が必須。
最後の手段は、ACLセパハン、柏、セパハン@等々力、惨敗ならば監督交代。
フロントにとっては1週間しか時間はないのではないでしょうか?ただし、惨敗でも、若手を起用した場合には交代は必要無いと思いますが。
(リーグ残留という事からは磐田のような強豪=高いプライドを持つチームと違って、現実にはありえない、ですが.....)
監督はフロンターレにとって功労者だし感謝もしていますが、今シーズンは何か釈然としません。
今年のチームは初戦を見て、守備のチームだと思った私でしたが、その守備のほころびが今の順位だと思うのです。
2004年から4年間の熟成の上に成り立ったチームコンセプト。
昨年の失点をさらなるコミュニケーションと熟成+エイジの能力で低減化、という今年のチーム作り。
そこに欠けていたものは、チームの軸であるDFの『身体能力の経年劣化』。
技術、DFとしての読みは年齢と共に向上するでしょう。でも身体能力、特に俊敏性はやはり劣化すると思います。その劣化を最後にカバーするのが『身体を投げ出す』という手段かと思うのです。それが出来ないDFにフロンターレのチームの軸をまかせるわけにはいかない、と思っています。うまい選手よりも、捨て身の選手が今は必要です。

結構書いたのですっきりしました。
また思いついたら書いてみようかと。

それにつけても、今日の結果を引きずらず、私の妄想を覆すべく、イランでのセパハン戦での勝利を泥臭く、泥臭く、こいつらには勝てない!とセパハンの選手に思い知らせてくれ!!!!!
気持ちで負けるな、相手の心を折ってしまえ!!!!!!!!!!
(それでも、柏には勝てるかなぁ....--;)

という事で(何が?)、おやすみなさい m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月15日 (土)

本日、大分戦

チマルがホームデビューらしいです。
コンディションも上がって、フィットしてきたのでしょうか?
チマルを日本平でみて、怪我のことはあるけど、試合にでるんだからなぁ、と嘆息した一方で、
昨年のマギヌンは驚異的な適応能力!!!!!を持っていたんだなぁ、と改めて感じ入った次第です。
今日のチマルもそう有ってほしいと願っています。

今日の試合は、長時間のミーティングの効果も含めて、『心の成長』で進化したフロンターレを見てみたいです。
サッカーから学んだ事=『ラインを割るまでボールを追いかける、最後まで何が有るかわからないから』
心が折れると雪崩的に崩れる...(雪崩については、少しは専門的なことも知っているのです^^;).....
同年代として、人間として(もちろん政治家としても)恥ずかしい心が折れた日本の元宰相ーー;
(今頃、病院で、私が辞めたことで、総裁戦に国民の目を民主党から自民党に向けられた!とか思ってんでしょうかねーー;)

そうならないためにも、フロンターレの関係者、サポはもちろん、折れない心、信頼する心、そして
心一つに、Mind-1!です。

P.S.
ガナのことは、WADAは埒外、Jが決める事。でも、Jはこのままでいいの?
ガナ問題については今後もウオッチして行こうと思ってる私です(結果は覆されなくても、Jがどうするのか?を見ていきたいです)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月14日 (金)

今更ながら.....ヒログ

たまたまヒログを読める機会がありました。
随分と評判だったのですが、よく判りました!
うん、面白い、ヒロキ文章上手いよ!!!!!

明日からの連戦....(大分、セパハン、柏、セパハン、甲府)を考えると、『ヒログではんなり』、している場合ではないのですが...^^;
でも、ほんと、いい味出過ぎ。

ケンゴに疲れがないことを祈ってます。
別格様のジュニを除いて、幾多の中心選手がこれまでにも居ましたが、今のケンゴほど中心になった選手はそういません。そういう意味で、良くも悪くも、ケンゴと心中!^^;ってことでしょうか?
そういう瀬戸際にならないためにも、
出て来い!!!!!若手!!!!!
出て来い!!!!!中堅!!!!!
頑張れ!!!!!年寄り!!!!!......^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月11日 (火)

JFLチーム統合

富山のJFL2チームが統合という記事が出ていました。

YKK APには元フロンターレの藤木 亮以がいます。
ユースから上がったけど、怪我が多かったせいか、J2→JFLへ。
YKKでも、最近はベンチ入りもしていないようで、また怪我?かと心配です。
今年24歳。ファイティングスピリットあふれるプレーは結構好きでしたし、DFで声も良く出ていて、ある種リーダーシップも有るように感じたものでした。(体格的にはDFでは厳しいのか?吹っ飛ばされてましたが^^;)

アローズ北陸が現在5位、YKK Apが3位ですが、YKK APはアローズに2敗....
同じような力量のチーム。
Jを目指すということで、統合。地元のライバルだったチームですし、うまく統合してほしいものです。
そして亮以も生き残ってください!!!!!

タイミングが合えば、横河との試合を見に行こうと思っていた今年ですが、叶わず....来年に持ち越しです。
それまで、生き残れ!藤木 亮以!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

ケンゴ

オーストリア戦。
前半+後半5分までは見れたのですが、ケンゴ出てないじゃん!と後半出てきて欲しい、いやきっと出てくるよ、と後ろ髪を引かれつつ、TVを消して、出発。

で、戻ったのが23時。
そのままバタンQでした。
SAのTVの文字放送で、0-0ドロー+PK負け、だけは見ていたのですが、中身は全くわからず。
今朝ようやく、ケンゴPK蹴った、ミドル打った、などなどを知りました。

ついでに、U-22がこれまた0-0ドローという事も、今知りました^^;
U-22には、全く興味無し!
しかし、無関心ってことは恐ろしい事ですね。
(選挙に無関心って事は、今日の私のU-22に対する態度のようなものなんでしょうかねぇ?.....)
で、ネガネ反は、まだクビにならないのでしょうか?まぁ、どうでも良い事ですが....

サテも2-2で引分け....新潟相手ですから、やっぱお互い今のチーム状況を表しているのでしょうね。
サテとは別物とはいえ、トップのリーグ順位を考えればよくやった、というべきでしょうが、なんせ、相手があの新潟ですから!!!!!
チマル、フィットしてきたのかなぁ?
ガナはやっぱ、怪我?
GKリキの出来や如何?
などなど、同じ若手でも、フロンタ若手への興味は尽きません^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 7日 (金)

台風一過

台風一過で、すかっ!っと青空!
という事も無く、蒸し暑さが戻ってきました。
(北日本はこれからです。気をつけて下さい)

明日8日の早朝は3大陸トーナメント、明後日早朝はメガネ反のサウジ戦。
フロンタとは一線を画す試合が続きます。

そんな私は、山の上は、きっと台風一過で、すかっぱれ!と期待して、山登りです。
8日:ケンゴを1時間だけ見て(エイジも使ってよね、じいちゃん!)、出発、22時頃帰着。
9日:メガネ反を見るつもり!しかし実際は見る事無く寝ているでしょう^^;
夜はジム。2週間後3連休中の山小屋泊りの登山に備えて集中トレ週間の始まり。
持つか体力、折れない心のトレ。

どこか岩登り講習会とか、トレやってる所ないでしょうかねぇ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 5日 (水)

心はどこに...?

夏バテでくたびれている所に、気力を上げてくれる(はず)のフロンタの試合も無し.....
麻生か、はたまた江戸川か?^^;
でも、雨だ、しかも,結構な雨....
こんな時は、しかたがないので、ジムかな...
台風行ったら、山だしね。

最近は、フロンタに忍び寄る山登りの影!ですな。

書くこと無い!のが本音の本日なのでしたぁ~.....--;
(今日のワンコ風^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 2日 (日)

現実逃避中(>_<。)

惨敗につき世界陸上三昧です。
女子マラソンで何気にリディア・シモンが入賞してる。
芸能人マラソンクイズの常連ランナーだけではなかったんですね。
偉い!

2週間の間に、これ以上順位を落とさないように準備してね(-_-#)
力不足(>_<。)、それでも、兎にも角にもMind-1!
頑張ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »