« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

リーグ戦残り1試合

あっと言う間に、鹿島戦も過ぎ去り、
なんだか1週間が過ぎ去ったような....

ヤス、オニ、キンチャン、
有難う、お疲れ様
またフロンタ関係で会えたら嬉しいですねぇ

ガナが怪我、タニがドーハ、勇介は未だ出停。
ケンゴ疲れを癒してくれ、ミノまたヘッド炸裂してくれ、
周平はヘッド練習しようね^^;

ってことで、リーグ最終戦、いつも通りに、
心ひとつにMind-1!
 & 
Love Kawasaki!
 &
俺達はフロンターレ!

(結構増えてきたなぁ、そのうち、こういうキャッチだけでエントリー1つ分書けそうだ^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月24日 (金)

途切れることなく

なんで清水には勝てないのだろう?
確かに清水はモチベーションも高く、相当良い試合をしたと思います。フロンターレも、なんとか対応は出来たものの中距離から3失点はないよね?おんなじパターン.....試合中、修正が出来ないのは今シーズンを通じて、特に後半節の課題でしたが、どうにもねぇ.....
まぁ、完敗でしょうね。

でも、だからと言ってフロンターレが終わる事も無く、これからも、続いていきます。
この試合もフロンターレの歴史の1コマとなるだけです。
気持ちを途切れさせる事無く、フロンターレの歴史を刻み込んでいってほしいと思います。

バックスタンドの一番前で応援しました。
選手の気持ちが見えるようなところで、一緒に行ったアウェイ3戦目の人も、サッカーの迫力に感動してくれたようです。
近くにいた清水サポの子が、フロンタ得点時にタオル回してたら、ちょっとびっくりしてて、「(驚かせて)ごめんね」というと、ニコッと笑ってくれました。清水は(一部の煽るサポを除いて)フレンドリーですよね。
2000年の時も、フロンタコールしてくれたし!
あっ、でもこれは、建さんが居た事と、J1惜別のコールでしたが.....^^;

昨年は、逆転負け!に、がっくり来て終了ホイッスルとともに、走ってバスにのり、駐車場からすっ飛ばして帰ったので、気付かなかったのですが、昨日は普通に帰り支度をしていたら、シャトルバスに乗るまで30分以上、乗ってから下の駐車場まで45分以上!途中でフロンタバスに追い抜かれる!始末。
脱出に此処まで掛かると、等々力だったら観客1/3以下!になっちゃうんじゃないかな?
さずがは、サッカー所!ですね。

さて来年は絶対に勝ちましょう!
お寿司美味しいし(昼も夜も寿司食いました^^;)ね。
ぜひとも、暖かい季節に試合組んでください。
寿司ネタも変わってる事だろうし....

今シーズンもあと2試合。
こころ一つにMind-1!
俺たちはフロンターレ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

ヌーボーワイン

既に1週間前の話ですけど、まぁ、季節物!ということで、ボジョレーヌーボーを買って飲みました。
近くの酒屋さんで、2,080円。同じ物がコンビニでは2,400円でした。
2割高、この比率で、ちょっと今後値段を比較してみようかな?
とまた、意味も無い数字に興味を持ち始めています。

以前に書いた「天気予報」の数値化!ですが、1ケ月半のデータが集まりました。
1年通さないと、季節はもちろん、気圧配置なんか影響もあるので、はっきりは言えませんし、また何年も集めないと母集団を増やせないのでなんとも言えませんが、何か結論地味他ことを言う必要もないお遊びですしね^^;
まぁ、これも、このブログと同じで、継続は力なり!いやいやボケ防止です!
でも、今のところ、結構おかしな結果が出ています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

おぉ、寒い!

まぁ、お疲れ様!の一言!
ほんとにくたくたな選手、どうにも落ち着かないゲーム....
それでも、勝てたのは大きいですね。
負ける気はしなかったけど、点が入る気配が無かったですからねぇ。
試合も冷や汗で、寒くかったけど、ほんとに試合前には日が当たっていると暖かかったのに、雲が出るとあっという間に寒々としてきましたね。
加えて後ろのあんちゃん、試合は応援するもので、文句つけるもんじゃ!ないからね。
真後ろから、直撃砲!だからねぇ....^^;
っていうのも、試合を寒く感じた理由の一つ。

直ぐに試合だし、清水は勝ててないからねぇ....
では、残り少ないシーズンを、Mind-1で!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

お蔭様で

U-21のタニ、A代表のガナとケンゴ。
お蔭様ですっきりした気分になりました。
いやぁ、よかったよかった。
ケンゴも疲れがピークのようですが、体力回復してほしいものです。
さて今週末も気合入れていきましょう。

その昔(=2000年)は、土曜日に負けて、木曜日くらいに漸く立ち直る!
という、煩悩の極みにおりましたが、その後の長く苦しくも、楽しき数年を経て、
この頃は、先週のような試合でも、一晩寝たら、気持ちの切替ができるようになりました。
この年になってもまだまだ、修行ですね。成長したいものです。
選手がどんどん成長しているのを見て、自分も日々努力しないとな、と思っています。

ここに書くという行為が、
(誰かに見て貰う、という意識は無くもないのですが、今のところ積極的に公開してもいないし...)
なんとなく、精神のバランスを取るというか、ちょっと外から自分を見ているという感覚があって、なかなか心地よいものとなりつつあります。
まだ、毎日続けられないのですが、これが毎日書けるようになれば、それは、きっと一歩前に進めた事になるのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

代表戦

U-21、A代表戦を間に挟んで、皆で気持ちを切り替えましょう。

全力で立ち向かう事。
それが、感動を呼ぶわけで、もちろん勝敗は相手があることだし、順位も相手があって始めてできるものだけれど、それよりも、目の前の事に集中する、これが一番重要なんだと思います。

ああ、自分もそうありたいと思う。
サッカーを見る事でいろんな事を学んだけれど、自分のことにはちゃんと適用できないなぁ....
まぁ、それも仕方ないかと思うこの頃です。
色々教えてくれるフロンターレのサッカーだから、ある意味師匠なのかもしれないけれど、
一方、フロンターレは私にとっては正に煩悩!ですね。
う~ん、辛い^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

するべきこと

FC東京戦

今後の要望。
<監督、スタッフ、選手へ>
漸く取り戻した自分達のペースと落ち着きを失うことなく、そして決して諦めることなく上を目指し、切れることなく、フロンターレらしい試合を望んでいます。

<武田信平社長 以下フロントの皆さん>
私の周りの声を上げても届かない思いを共有するもののサイレントマジョリティとしてのサポーターの声を聞くべきです。

(1)このような稚拙な審判=走れない、審判は神だと思っている勘違い、『予見を持って判断』を行っているとしか思えない審判を試合に出すJリーグに対して抗議をして下さい。
15年も審判していてあのジャッジしかできない、選手の努力をぶち壊すような者をJの審判させるな!と!
(2)試合後メイン側に、アウエィゾーンを乗り越えたGゾーンサポの10数名を断固として取り締まってください。他チームのホームであるまじき行為です。今シーズンはおろか、永久追放でも構わないと思います。
その結果としてコールリーダーの居ない試合が出来ても致し方のない事だと思います。

---以下参考資料---
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索
奥谷彰男(おくたに あきお、1959年11月1日-)は、大阪府出身のサッカー審判員。
1993年11月に1級審判登録され、主にJリーグで主審を務める。また、大阪府立槻の木高等学校の教諭でもあり、同校のサッカー部の顧問でもある。

スキンヘッドの審判であることから、2002年のワールドカップを境に「コッリーナに似てる」と言われるようになったが、カードが多い、不可解な判定が多くかつアウエー寄りの判定になりがち(実際に奥谷が主審を担当した試合のホーム勝率は、全主審の中でも最低ランクである)というジャッジ上の難点があったため、「偽コッリーナ」というあだ名が付くようになってしまった。また「今日の試合で一番目立ったのは主審(奥谷)だった」と言われてしまう事も少なくない。

2003年J1 2ndステージ第11節横浜F・マリノス対セレッソ大阪戦では、試合開始後7~8分のわずか2分間に3枚のイエローカードを提示し、最終的にこの試合はイエローカード12枚、退場者1名を出す大乱戦になってしまった。これは該当節の直前の日に行われたJリーグのレフェリー会議にて「ファウルを厳しく取り締まるように」という通達が出ていたためでもあったが、ルールを厳格に適用し過ぎてしまい、逆に試合を荒らしてしまった例と言える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

明日は雨?

明日の予定
・13:00JR武蔵境駅南口からの臨時シャトルバスにて味スタ
    12:30分から並ぶかな...
・AWAY自由席の端っこで....
    老体の身ゆえ、飛び跳ねられないので許されよ。
・飛田給駅前で祝勝会後、帰宅
    日曜日のワイン試飲会に備えて早めに寝ること。

持ち物忘れないようにリスト
・チケット
・タオマフ
・ポンチョ
・冬マフラー
・帽子
・財布

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

お疲れ様

う~ん、すれ違いだなぁ。
こちらが考えていった事が上手く伝わらないというか、
望まれている事の軸がぶれてきているというか、
ちょっとどこかで、もう一度しっかり方向をあわせないと行けないなぁ。
所謂、ベクトルあわせ!ちゅうやつですな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

天皇杯

鳥栖戦
松本さんの術中に見事に嵌まって、後半15分までは0-0.
でも、失点するような感じではなかったので、1点入れば動くだろうなぁ、
と思ってみてました。
久々にメインで見たのですが、結構手拍子、得点でブンブンタオル!多いですね。
試合後の松本さんのコメントがなんとも素晴らしいコメントで、
人生の重みを感じるものでした。

次は、丸亀ですかぁ....
甲府と四国で試合!というのも.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

ニューヒーロー賞

谷口受賞!おめでとう。

ナビスコ決勝当日だけど、風邪も治らないし、どうでもいいっす....
TVで暇だったら見ます。
以上、終ぅ了ぉ~^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »